京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading
江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

寝違えとトリガーポイント - 症例報告

寝違え、されど寝違えです。

私も、最高で3ケ月寝違いを繰り返した事があります。首のMRIで小さなヘルニアがあり、それが原因と思っていました。首の手術して大変な目にあった人を沢山診ていたので、尚更不安が大きかったようにも思います。

今日みえた寝違いの患者さん、1週間で救急外来から脳神経外科、整形外科と3軒渡り歩いておられました。家族に脳梗塞の方がおられるのが不安を煽ったようです。

痛み止めもたいした効果はないようです。不安傾向の強い患者さん程、即効性を求められるようにも思います。時間的な猶予をいただけない場合が多いものです。まあ、当たり前と言えば当たり前の話です。

鍼治療をして痛み自体は10→0のようにはいきませんでしたが、可動域はかなり改善しました。罹患筋で言えば、僧房筋上部、肩甲挙筋、頚板状筋と言うところでしょう。

この患者さん場合、ベースにある不安が症状の上に乗っかっているように思えました。

物の見方や拘りは、術者が簡単に変えられるものではありません。だからこそ、少しでも症状を楽にして信頼関係を構築して行く必要が重要だと思います。

 

トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.は、上記のような痛みや症状以外にも、筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)、筋痛症の患者様が多数来院される治療院です。

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
 円町、大将軍、白梅町、等持院、花園、西ノ京、太秦、鳴滝、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

メールでのお問い合わせ⇒メールフォーム

カテゴリ:症例報告 ,首の痛み

ebara / 2009年09月04日(金) 20:58