京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

今年初めてのトリガーポイント・エクササイズ総括 - 治療室日記

昨日は、13時30分から、今年初めてのトリガーポイント・エクササイズを開催しました。

急遽、名倉堂接骨院の稲川先生が、私の話術を勉強したいと言う事で飛び入り参加(笑)

お一人は、無料エクササイズに参加された事があるのですが、その他の方は初めての方ばかりでしたので、前半は痛みやTP、MPSについての座学を行いました。

私の院の生徒さんは高齢の方が殆どで、普段体を動かす機会が少ない方ばかりです。

正座も長くしたことがないなど、膝だけでなく、股関節や足関節の機能が失調されている方もおられます。

まずは、椅子に座りながらフェルデンクライスを用いて、緩やかな動作で腰回りを緩めて自分の体の変化、そして普段使えてない筋肉を自覚してもらうことからスタート。

その後、ボールマッサージや等尺性収縮を利用したエクササイズを行いました。

余談ですが、私の悪い癖なのですが、気持ちが乗ってくると話すスピードがどんどん早口になり、聞き取り辛い部分があると稲川先生に指摘されました。

普段はベットに寝ている患者さんを治療しますから、なかなか機能不全のようになった筋肉を限られた時間内で精査する事ができませんが、エクササイズなどを通じて患者さんの機能不全のような筋肉や関節などがわかり、共通認識として捉えられることも大きなメリットだと思います。

体を動かす事で自信の獲得や、痛みや不定愁訴と闘う前向きな気持ちを持ってもらえれば何よりです。

当面は、話すスピードとエクササイズの間の取り方に注意したいと思います。

京都では、江原鍼灸整骨院と桂の名倉堂接骨院の2ケ所で受講する事ができます。

参加される方が一人でもおられれば開催しますので、興味がある方はご連絡をお待ちしております。

カテゴリ:セミナー・勉強会

ebara / 2011年01月13日(木) 13:32