京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

しんきゅう 腰痛や神経痛など医師の同意が必要 - 治療室日記

TMSジャパン公式サイトのML情報。

私の院では、鍼治療を健康保険で施術しておりません。

その一番の理由は、医科との併用が認められていない事です。

同じ医師の同意が必要なマッサージは、定期的に医師の診断書や同意書が必要のようですが、回数制限もなく医科との併用可能です。

つまり、かかりつけ内科などに電気をあてるだけに通院、湿布や痛み止めなどを処方してもらうと鍼灸での施術分の支払いがカットされる場合があります。

患者さんが、鍼灸を選びたい場合でも、医科と鍼灸の併用が出来ない訳ですから、患者さんが望んでも、医師が同意書を書いてくれないケースもあるでしょう。

現に約2年前に、他県では知りませんが、医師会から鍼灸の同意書を書かないように会員医師に通達が出ているはずです。(理由はわかりません。)

そんな逆風の中でも、同意書を書いてくれる医師がおられるのも事実です。

一言で鍼灸と言っても、色々な考え方ややり方があるので、質の高いデーターの集積は困難だと個人的には思えます。

同じ事は、カイロプラクティックやオステオパシーにも言えると思いますが、アメリカでは、D.CやD.Oとして医療の一端を担っています。

課題は山積していますが、こうして話題になるだけでも良い傾向だとは思います。

これから日本は超高齢化社会を迎えますが、地域医療の一端を担う役割として、原因不明の線維筋痛症を患う患者さんなど、鍼灸の活躍の場はたくさんあるようにも思えます。

個人的には、医科との併用が可能になる事が近道かとも思います。

提供:毎日新聞社

 ◇6疾患には保険が適用

 ◇少ない有効性示すデータ 海外の比較試験で効果確認も

 しんきゅうはどんな疾患に効くのか。医師の同意書を必要とするものの、神経痛や腰痛などで健康保険の適用が認められている。有効性を示す信頼度の高いデータが少ない課題もある。

   *

 日本鍼灸(しんきゅう)師会(東京)によると、保険が利くのは(1)腰痛(2)神経痛(3)五十肩(4)リウマチ(5)頸椎(けいつい)ねんざ後遺症(むち打ち症)(6)頸腕症候群(首から肩にかけた痛みやしびれ)の6疾患。

 保険適用を受けたい場合、患者は治療施設で受け取った所定の同意書の用紙を医師に持っていき、必要事項を記入してもらい、治療施設に渡す手続きが必要だ。医師による同意の確認は3カ月ごとに必要になる。

 日本鍼灸師会保険局長を務める大口鍼灸治療院(埼玉県所沢市)の大口俊徳院長によると、保険適用は約40年前に始まり、7年前までに期間・回数の制限も撤廃された。健康保険組合によっては、いったん患者が治療費の全額を立て替え、本人が支給申請することを条件としているところがあるので確認が必要だ。大口院長は「保険制度をうまく活用していない治療院が少なくないので、もっと患者に知らせてほしい」と話す。

   *

 しんきゅうは国家資格をもつはり師、きゅう師が治療にあたるが、課題もある。皮膚や神経への刺激で血液循環がよくなるなどと考えられているが、効くメカニズムはよく分かっておらず、有効性を示すデータも少ない。

 現代医学では治療の有効性を証明する方法として、無作為(ランダム化)比較試験が最も信頼度が高い。薬の場合、大規模な集団を本物の薬と偽薬(プラセボ)の群に分けて、投与後の効果を比較する。

 しんきゅうの場合は、どの治療でも皮膚に触れるため、偽のはりを打つのが難しく、はりの深さが浅い術と比較される場合が多い。

 しんきゅうの科学的なデータを集めた「エビデンスに基づく腰痛症の鍼灸医学」(医歯薬出版)を刊行した全日本鍼灸学会によると、はり治療の盛んなドイツでは約10年前から、腰痛患者などを対象に大規模な四つの比較試験が行われた。たとえば、ハイデルベルク大などが参加して行われた約1800人の腰痛患者を3群に分けて比較した試験では、深いはりと浅いはり(プラセボ)に差はなかったものの、電気刺激やマッサージなどの標準治療に比べると、どちらのはりも有効という結果が得られた。

 しんきゅうなどの代替医療問題に詳しい大野智・早稲田大先端科学・健康医療融合研究機構客員准教授によると、米国の国際統合腫瘍学会は09年の治療ガイドラインで、がんの痛みや抗がん剤服用後の吐き気防止に関する比較試験ではりの効果があったとして推奨しているという。

   *

 世界的には比較試験のデータが増えつつあるが、日本では信頼度の高いデータは少ないのが現状だ。

 最近は、長さ0・6ミリの短いはりを丸いシールに張り付けた円皮鍼(えんぴしん)というはりが開発され、はりのない偽シールと比べて有効性を比較する方法も誕生した。

 人の腕に円皮鍼を打って、腕の曲げ伸ばし回数がどうなるかを試験した呉竹学園東洋医学臨床研究所(東京都新宿区)の古屋英治所長は「円皮鍼は偽シールに比べ、曲げ伸ばし回数が増えた」として、筋肉疲労への効果をさらに調べている。

 大野准教授はしんきゅう治療について、「健康保険が適用される漢方や現代医学の治療にも、無作為比較試験を経ていないものは多い。とはいえ、しんきゅうは比較試験をもっと増やして信頼度を高めていく努力が必要だ」と指摘する。【小島正美】

カテゴリ:鍼灸

ebara / 2011年01月18日(火) 11:46