京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

トリガーポイント療法と椎間板ヘルニアの痛み - 症例報告

腰下肢痛は、椎間板ヘルニアが原因と言われた30歳代男性の患者さん。
仙骨ブロックも痛み止めも効果なく、疲れ果てて来院されたのが昨年の暮れだったと思います。2回の鍼治療後、昨日久しぶりに来院されました。様子を伺うと、腰下肢の猛烈な痛みが起こる前から腰痛があったそうですが、最近は悪くなる前より良くなって、持病だった腰痛も長時間のデスクワークや、長い移動の出張でも全く痛くなくなったそうです。二回のトリガーポイント鍼で良くなったのですから、椎間板ヘルニアが原因とは言えないかもしれません。鍼で、椎間板ヘルニアは引っ込みませんからね。

同じ職場に、頚部神経根からの首の痛みと診断され、手術を勧められている同僚が居るのでトリガーポイントブロックで腰痛は治る!を貸して欲しいと言われ、貸し出していた本も昨日帰ってきました。

話をを聞いてみると、同僚の方は本には興味を示さず、時間を作っては電車で2時間くらいかけて、診断を下した主治医の病院まで通院されているようです。まあ、実際にその方を診た訳ではありませんが、残念ながら、筋・筋膜性疼痛症候群やトリガーポイントと言う考え方は、医療従事者の多くが存在すら知りません。

http://tms-japan.seesaa.net/article/185034651.html

腰痛の画像検査はやめるべし

上記記事にもありますが、画像診断は意味がないばかりか、治癒を遅らしてしまうこともあるのです。

京都で、椎間板ヘルニアの痛みやシビレでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
 円町、大将軍、白梅町、等持院、花園、西ノ京、太秦、鳴滝、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

メールでのお問い合わせ⇒メールフォーム

カテゴリ:症例報告 ,首・腰の椎間板ヘルニア 

ebara / 2011年03月27日(日) 12:37