京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading
江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

腰下肢痛の患者さんと認知行動療法 - 症例報告

高齢の女性の患者さんが初めて来院されたのが、梅雨があけるころだったと思います。二か所の病院で、それぞれ脊柱管狭窄症と言う診断を受けておられます。

主訴は、約二年前からの腰下肢痛です。立ち仕事をするとすぐに腰に痛みが来るが、自転車ならどこでも行けると言う状態でした。わざわざ遠方まで、鍼治療に行かれていましたが、あまりの痛さと先生との相性 etc が合わなかったようで、それ以来治療行為らしいものは受けておられませんでした。治療計画も、ご家庭の事情から、殆ど計画通りには行えませんでした。

それでも、罹患筋と考えられるところは、くまなく探索しましたが、私の技術が拙かったせいなのでしょう、反応するところも少なく、満足して貰えるくらい痛みを取り切る事ができませんでした。

痛みに使われる薬のアドバイスもしましたが、痛みを理解して処方してくださる医師の存在を知りませんから、肝心な部分を教える事ができません。最終的に、認知行動療法を取り入れ、誰かに治して貰うから、自分で治すと言う戦略を選ばれました。

昨日、久しぶりに来院くださりましたが、少しづつではあるが、思考訓練が身についてきて、痛みが襲ってくる回数も減り、襲ってきても深く考えず、腰が凝ってるだけだから、少し休憩しようと気楽に考えられるようになってきたと、笑顔で報告してくださりました。

認知行動療法は、痛みとともに生きて行きなさいと言っているのではありません。私にも経験がありますが、色々なものに拘らなくなると、気がつけば、不思議と痛みがやわらいだり、発作の回数が減って来たりするのです。

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
 円町、大将軍、白梅町、等持院、花園、西ノ京、太秦、鳴滝、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

 

カテゴリ:症例報告 ,坐骨神経痛 脊柱管狭窄症

ebara / 2011年10月20日(木) 08:50