京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

川喜田先生の講演を聞きに行ってきました。 - 治療室日記

MPS研究会は、医師、歯科医師しか入会できませんが、今回はMPS研究会のご配慮で、第8回 学術集会 特別講演は、一般の参加も可能でしたので、名倉堂さんと大阪まで聞きに行ってきました。

特別講演は、明治国際医療大学川喜田先生でした。

川喜田先生は、トリガーポイントの研究では、日本を代表する先生です。

お話の内容は、臨床にすぐに使えるものではありませんが、普段なかなか聞けないお話ですから、いろいろ学びがありました。

日本の痛み学の第一人者、故熊澤隆朗先生、生前は医師の前で、もっと筋肉に目を向けなさいと言っておられたそうです。

トリガーポイントのメカニズムも、まだまだわからないことが沢山あるのも事実のようですが、筋肉に目を向ければ、少なくとも救済を受けられる患者さんが増えるはずです。

世界レベルでは、痛みを全人的に捉え、医師だけでなくコメディカルの方etc 意見を交わせるそうですが、日本は、たとえそれが痛み学に精通されている方でも、医師以外は受け入れられにくい土壌があるそうです。

今更、驚くことでもないですが、ほんとに患者不在ですね。

カテゴリ:セミナー・勉強会

ebara / 2011年11月13日(日) 00:02