京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

Care Disk(ケアデイスク) - 治療室日記

運動器の痛みは、構造の問題よりも、機能的な痛みがメインになると考えられます。
早い話が、軟骨のすり減りとかではなく、筋膜性疼痛症候群(MPS)、トリガーポイントと呼ばれる、レントゲンに写らない、筋肉などの軟部組織の痛みが、それに該当します。
野球をやる方と、サッカーをやる方で、痛みを訴える場所が違い、それぞれ傾向の違いが見られます。
そのような事実から、筋膜性疼痛症候群(MPS)、トリガーポイントの形成には、体の使い方も大きく影響していると考えられます。
何が間違いで、何が正解などは簡単に語れませんが、自分の身体を知ることは、スポーツ障害などの痛みを解決するには重要な事かもしれません。
まずは、自分の身体の使い方をモニターしてみようと、Care Disk(ケアデイスク)を購入してみました。

 

Care Disk(ケアデイスク)

 

IMG_1579

 

使い方は、こんな感じ

 

IMG_1578

 

カテゴリ:痛み痺れ

ebara / 2015年05月20日(水) 07:15