京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

除外するべき疾患が無いなら治療を行って経過を診るしかない。 - 治療室日記

腰痛とは病名でなく、腰が痛い状態を言います。
腰痛の85%は原因不明と言われていますが、まず重要なのは、危険な疾患が無いか否かが重要です。
これをレッドフラッグと言います。
転倒して痛くなったら、骨折の可能性があるのでレントゲン検査が必要になります。
何もしないのに痛くなった場合、年齢などによって想定し除外しておくべき疾患がありますし、腰痛に限らず、痛みを訴え来院された場合、すべてにおいて想像力を働かせ、適応化否かを判断する必要があります。
私の場合、経験上多くは、徒手検査や超音波検査など行えば、筋膜性疼痛症候群(MPS)に由来する痛みの治療を優先すべき疾患か、医科を受診するべき疾患かを判断することができます。
また、多くの場合、すでに医科を受診しておられた方が多いですから、除外診断は済んでるケースが多いです。
除外するべき疾患が無いなら、治療を行って経過を診るしかないと言う事ですが、意味のない経過観察ではなく、積極的に施術を行い、経過を診ます。
施術の効果があれば、危険な疾患ではなく、筋膜性疼痛症候群(MPS)由来の痛みだったという言う事になります。
再発する場合は、施術部位の見直し、生活習慣の見直しが必要となる場合もあります。

 

83x83n838a815b839383v838783b83g202014-10-192016_16_11

カテゴリ:独り言

ebara / 2018年12月21日(金) 21:57