京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

トリガーポイント研究会(肩関節①) - 治療室日記

日曜日はトリガーポイント研究会でした。テーマは肩関節。実技が始まる前に座学がありました。

習慣性機能の逆転、筋のハカク(過剰筋束)についての話がありました。聞き慣れない言葉かもしれませんが、人によって筋の付き方はそれぞれ、年を重ね代償動作を重ねるうちに、本来筋がもつ機能とは違う働きをする。いままでの解剖学によって説明されていた、筋の付着の仕方などが細かく解明され、従来の働き以外のものがあることがわかってきた。要約すればこんなところでしょうか?(間違っていたらご指摘ください)

あとは、自発痛と責任トリガーポイントの考え方について、再認識することができたのが大きな収穫でした。このお話は、前回のセミナーのときにも、少しお話しをしてくださったのですが、どうも未消化の部分があったので、日曜日に黒岩教授に直接質問させていただきました。

それと、話は変わりますが、トリガーポイント療法の特徴を一言で伝えるのは難しいですね。トリガーポイント研究会のサイトのトップページに書かれている文言は、とてもわかりやすいと思います。そこで、黒岩教授にお願いをして、ブログやサイトへの掲載許可を得ました。これからは、下記のように色々な場面で掲載いたします。

トリガーポイント鍼療法は貴方が気づいていない病変部を探し当て、そこに鍼をして治療する画期的な治療法です。

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639  「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:セミナー・勉強会

ebara / 2013年01月22日(火) 12:47