京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

目から入った情報は、他人が剥すことは難しい。 - 治療室日記

人間の脳は、目で見た情報が90%しめるとも言われます。
グルメレポーターが、いくらうんちくを語っても、美味しそうな写真一枚にはかないません。
それに音や匂いが加われば、さらに強烈なイメージを焼き付けることができます。
背中を痛めて数年ぶりに来院された女性の患者さん。
レントゲンで背骨のゆがみを指摘され、そのせいで痛みが起こっている。
歪みは加齢とともに進むので、なんとかしなくてはならないと思い込んでおられました。もう、こうなったら馬の耳に念仏です。
もし、私が利益優先で考えるのであれば、背骨の歪みや、姿勢を映し出して、○○さんの背骨はこんなに歪んでいますから、週二回の矯正治療が必要です。その後も定期的に歪みを取らないと元に戻ります。
そうしなければ、更に痛くなったり、将来、寝たきりになるかもしれません。
そう言うだけで、今よりはるかに収入が確保できると思います。
歪みに拘る方が多い一方で、矯正治療を散々受けて、たどり着くように私の院に来てくださっている患者さんは、下記のように仰ります。
矯正したって歪みが取れるはずはない。
取れてもすぐに戻る。
でも、そう言う院は繁盛していて、待ち時間が長いんですよね~(笑)

歪みが痛みの原因なのか?
結果なのか?
痛みと歪みが関係ないと言う、質の高い論文はいくらでも見つかりますから、歪みを痛みの単一な原因とするには無理があります。

http://junk2004.exblog.jp/19744581/  

 より画像転載許可済

画像を見るとすごく腰が痛そううですが、これだけ背骨が歪んでいても腰痛は無いそうです。

 

多くの人が気にする足の長さも同じです。

http://mchiro.exblog.jp/19844732/

どこで勘違いしたのか、脚長差を無くすことが治療の目的になってしまった。
生理的短下肢を揃えるための治療行為なんて、健康妄想の都市伝説という他ないのである。

 

注:画像と本文は関係ありません。

 

 

カテゴリ:治療室こぼれ話

ebara / 2013年04月16日(火) 22:41