京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

TMSジャパンMLより - 治療室日記

腰痛は怒りである!の著者、長谷川淳史先生が主宰されるTMSジャパンからのメールリンク情報です。
MLに書かれているように、慢性痛にトラウマや、心理的なものが複雑にかかわっているのも事実だと思います。しかし、安易に、そのせいにしてはいけないとも危惧します。筋・筋膜性疼痛症候群トリガーポイントだけで痛みは語れませんが、筋・筋膜性疼痛症候群トリガーポイントと言う痛みがあることが世間で認知されれば、救済される患者さんが増えるのは事実です。

■小児期に体験した不幸な出来事(交通事故による入院・親の死亡・両親の離婚・親
のアルコール依存・貧困家庭)が壮年期における広範囲な慢性疼痛の予測因子である
ことが判明。トラウマとなるような体験は慢性疼痛の発症と重症度に関連。

http://1.usa.gov/nePOkk
 

■小児期に虐待(身体的・精神的・性的)やネグレクト(育児放棄)を経験した者
は、それらを経験していない者より成人してから慢性疼痛を訴える傾向があることが
メタ分析によって明らかとなる。虐待は慢性疼痛のリスクファクターである。

http://1.usa.gov/nqfkEH

以下 独り言

糖尿病の方の食事には、カロリー制限が一番と考えられてきましたが、結果、患者は増えるかりです。従来の治療法やカロリー制限食は、失敗だったと言わざる負えません。江部康二先生などが提唱する糖質制限食は、カリリー制限食よりも、食べたいものを我慢する必要が少なく、減量や血液像など、良い変化を自分も第三者も見る事ができますから、権威がいくら糖質制限を批判しても、糖質制限がスタンダードになるのも、そう遠くは無い気もします。
筋、骨格系の痛みを訴える患者さんは、MRIやCTなどの機械、手術の方法が進歩しても、増えるばかりです。軟骨のすり減りなどを痛みの第一の原因とする考え方は、カロリー制限食と同じで、失敗だったのかもしれません。
 


 

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639  「ホームページをみて…」とお電話ください

 

カテゴリ:医療情報

ebara / 2013年11月11日(月) 14:15