京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

最新の記事

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

治療室日記

痛みに関する話題を綴った日記です。

2009年10月12日(月)
2009年06月28日(日)
2009年05月13日(水)
2009年05月12日(火)
2009年03月25日(水)
2009年03月12日(木)
2009年02月19日(木)
2009年02月15日(日)
2009年02月01日(日)

若くして亡くなられた精神科の医師、頼藤和寛先生の本を治療所の貸し出し本に追加します。

カテゴリ:読書

ebara / 2009年10月12日(月) 12:42

近日発売されたTMSJAPANの長谷川淳史先生の著書。

腰痛ガイドブックを治療所の貸し出し本に追加します。

カテゴリ:読書

ebara / 2009年06月28日(日) 17:17

m_chiro先生が、ブログで推薦されている、アナトミー・トレインを読んだ。

筋肉を単体で考えるのではなく、筋膜の繋がり?

ともすればエネルギーの流れ。

経絡とも思えてくる。

古の人間は当然衣服も質素だったので、今よりも肌の露出度が多く、栄養状態も良いとはいえず、余計な脂肪が付いていない分、動きの中での筋肉の境界や伸びちじみがなどが手に取るように見えたのかもしれない。

それを東洋の人間は経絡と考えたり、タイの人はセンと考え治療に応用したのかもしれない。

何度も再読すれば、治療に応用出来るかもしれない。

カテゴリ:読書

ebara / 2009年05月13日(水) 20:09

最近m_chiro 先生が推薦してくださる本を中心に読んでいます。

特に自由診療で施術をされておられる先生の院には、私の院よりも色々な疾患の患者さんが来院されることと思いますので、参考になります。

この本一冊で結構な範囲の疾患の判断から、問診の手順やポイントなどが分かりやすく書かれていると思います。

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639  「ホームページをみて…」とお電話ください  

カテゴリ:読書

ebara / 2009年05月12日(火) 17:39

1年程前から、首筋や顔にイボができていました。

ネットで調べると、どうやらウィルスが原因で、髭をそる時にイボを傷つけ、それが周囲に広がっているようです。

今日は、思い切って皮膚科に行ってこんな治療をしてきました。

1週間に一度通院して、同じ治療を繰り返す事になりました。

今回は検査などありませんでしたが、改めて処置の点数は低く抑えてられているのが明細を見て良く分りました。

患者の立場になれば、点数配分は必要な処置は高く、不必要な検査は低くでしょうが、何を持って不要な検査と言う定義から話を進めないといけないので、実際問題は無理かもしれません。

ただ、ヨーロッパの腰痛のガイドラインは、急性腰痛に関して行なう画像診断は、骨折、悪性腫瘍の可能性が無い限り、一週間は推奨されていない(禁止?)はずなので、こう言う部分は見習っても良いはずだと思います。

カテゴリ:鍼灸

ebara / 2009年03月25日(水) 20:06

先日読んだ本のあとがきに、とてもよい事がかいてありました。

あとがきのように出来たら素晴らしいですね。

いつも出来なくても、そのような事を心がけている5年~10年後の自分と、全くやらずにいる5年~10年後の自分では雲泥の差があるのでは無いでしょうか?

行動に移そうか迷った時には、やっている自分とやっていない自分の5年先を比べてみると、おのずと答えが出る事も多いかもしれません。

P218の部分を少し引用します。

たくさんの人にすすめしたい本があります。

それは(少女パレアナ)と言う物語です。

中略

パレアナはたった一つのことを実践することによって自分が幸せになったばかりか、周りの人たちに幸せの輪を広げていきました。

それはパレアナにとってはゲームでした。

幼いころお人形がほしかったパレアナは、お父さんにおねだりしました。

お父さんは教会へ行き、お人形がもらえるようにお願いしたがかなわず、教会の係りの人からかわりに松葉杖を受け取りました。

そして、この状況でお父さんはパレアナに(なんでも喜ぶゲーム)をしようとゲームをはじめたのでした。

松葉杖をもらったパレアナはなかなか喜ぶことができませんでした。

だから、はじめは、お父さんにその答えを教えてもらいました。

(杖を使わなくてよいからうれしい)と言う答えを。

中略

人が幸せになるのに、多くのスキルが必要なのでしょうか?

私はそうは思いません。

パレアナの生き方が示すとおり、少ないスキルを徹底することだと思います。

好奇心から、複雑なテクニックや目新しいスキルに目がいくが、本当に大切なのは、ありふれた基本的なものだと思います。

中略

やり方はシンプルですが、いざ実践してみると難しいと感じるかもしれません。

しかし、物の見方が人生に与える影響は多大です。

難しいかどうかではなく、大切かどうかで判断していただきたいのです。

好ましい変化はたくさんのことを知っている人に訪れるのではなく、何かを実践した人に訪れるのです。

そして、何かの実践が積み重なると、それは生き方になります。

人間は、最終的に在り方や生き方そのものに影響を受けるのではないかと思います。

カテゴリ:読書

ebara / 2009年03月12日(木) 16:16

先日紹介した本を斜め読みしました。

このような思考と言いますか、潜在意識に働きかけるような本は、今までに何冊も読みました。

共通項は、伸びるためには潜在意識を上手く活用する。

自分自身が、過去の体験から物事を色眼鏡で見て、パターン化している事が、自分自身の成長にブレーキをかけている。

簡単に言えばこんな事でしょうか?

お経の中の、色々即是空と言う文言も、色眼鏡と同じような事を指しているように感じますから、人間とは、今も昔もそのような習性なのでしょう。

慢性痛もパターン化しているものが多い訳ですから、思考に働きかける事で、解除出来る方法も色々あるはずです。

大昔は、痛い目に合えば、そこへ近づかないようにする事が、種の保存に必要だったのかもしれません。

そのような体験から、人間は知らず知らずの間に、ネガティブな思考を優先するのかもしれません。

以前の、TMSジャパンメソッドは、二日構成で、一日を思考へ働きかける色々な方法を伝授していました。

その力を、ビジネスに向けるのか?

慢性痛に対して使うのか?

野球でエラーをした子供に、失敗した原因は何か?と聞くよりも、どうすれば上手く行ったと思う?

と聞くほうが、遥かにポジティブになる思考が生まれるはずです。

腰痛は脳の勘違いだった!の著者である天文台長さんは、うまく自分のやり方で思考(潜在意識)に働きかけて、痛みのループから脱出したとも言えると思います。

このように書くと、胡散臭く感じたり、カルト的に感じる方がおられるかもしれませんが、至って当たり前の事だと思います。

慢性の痛みを作り出しているのも、感じ取っているのも、ほかでもない自分自身の脳な訳ですから。

カテゴリ:読書

ebara / 2009年02月27日(金) 20:42

皆さんは、NLPと言うのを御存知ですか?

Neuro Linguistic Programming(神経言語プログラミング)の略です。

少し勉強したいと思い、一冊の本を取り寄せました。

カテゴリ:読書

ebara / 2009年02月19日(木) 20:58

新幹線に乗るのは、10年ぶりくらいかな?

カテゴリ:セミナー・勉強会

ebara / 2009年02月15日(日) 09:01

最近、体の動きについて色々考える日々。

週刊誌以外はネットで購入します。

本屋さんが少なくなった上、近くにある本屋さんには、この手の本は置いて無いですから、実際手元に来てから、中身が自分の想像とまるで違った質の物だと言う事はよくあります。

そんな本の中にも、必ず参考になる事があります。

(一部抜粋)

関節軟骨の厚さは、一般に、そこに加わるストレス(力)の大きさに関係している。

関節軟骨は滑液中の物質を吸収して一時的にふくらむことができ、ウォームアップをした後などは相当に厚くなっている。

(抜粋終わり)

もちろん、強度の強い運動は逆に厚みが薄くなるとも記述してあるが、適度な運動が良いのは言うまでもない。

元々、血管で栄養されない軟骨は、運動をする事でまわりからポンプのように栄養を吸収するのは知っていたが、厚みが相当増すと言うのは初耳であった。

正座をしてはいけない!などと言う医療関係者が今でも現実に居る事が理解し難い。

筋肉の内部構造。

まさにヘチマタワシのイメージである。

カテゴリ:読書

ebara / 2009年02月01日(日) 23:38