京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

治療室日記 (2008年04月)

痛みに関する話題を綴った日記です。

以前のブログにも書きましたが、持っている書籍を再読したり、鍼灸の関連の本やネットで興味のある部分をプリントアウトして、ノートに貼り付けたりしています。

鍼灸に関しては、番長が免許を取った後にWHO基準の考え方などで、ツボの個数が少し増えたり、記号表示されたりするようになっています。

ただ単にそのような事をして、勉強したつもりになってるだけかもしれません。

既に、10年以上前に発刊されたカイロプラクティック総覧に、椎間板は腰痛の病因に中心的な役割を果たす部分と考えられてきた。

しかし、腰痛との関連について、椎間板の正確な役割を示す直接的な証拠が殆どみられず、その整理と病理については、多くの基本的な点が未解明であると明記されています。

10年以上経った現在でも、椎間板変性が痛みの主のように考えている医療関係者が、多数存在する事実があり。

現在では腰痛に心理社会面が大きく係わっていると言いつつも、神経圧迫が痛みを起こすと考え続けられている間違った事実があると言う事だ。

カテゴリ:読書

ebara / 2008年04月06日(日) 22:34