京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

治療室日記 (2008年05月)

痛みに関する話題を綴った日記です。

2008年05月09日(金)

中学2年の野球部員。

両足の舟状骨付近の痛みで来院。

春季大会にてベスト8に残っており、明日の試合で更に上位を目指して、練習にも相当熱が入っているようです。

患部に顕著なジャンプサインあり、レントゲン検査をすれば、有痛性外脛骨と言う病名がつくかもしれません。

外脛骨が無ければ、違う病名がつくでしょうし、無痛の外脛骨もある訳です。

このような痛みでも、構造破綻=痛みと言う図式は成立しませんね。

赤い印で囲んだ物が外脛骨

このような症状は、偏平足と深い関係あるとも言われます。

縦のアーチの低下は、舟状骨の膨らみを強くする傾向になり、その膨らみが靴などに干渉するのでしょうか?

後脛骨筋が、舟状骨に付着しますので、この筋肉と深い関係があるとも言われます。

この筋肉の活動性のTPは、足の冷え症などと深い関係にあるとも言われます。

内くるぶし近くでは、表層に近い箇所を通っていますが、下腿部分では中心部にあるので、手技のみによる治療では、直接アプローチするのは難しい筋肉です。

いずれにしても、偏平足は親譲りのようです。

なんせこの患者は、番長の長男ですから ( ̄∀ ̄;)汗

もちろん、診療報酬など発生する訳ではありません!

後脛骨筋

カテゴリ:治療室こぼれ話

ebara / 2008年05月09日(金) 22:01