京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

治療室日記 (2008年07月)

痛みに関する話題を綴った日記です。

2008年07月29日(火)

経絡の遠隔療法

左肩の痛みで来院されている50歳代の患者さんがいます。

今日で、4回目の鍼治療です。

初回は単純に痛みのある、結節間溝中心への鍼治療。

二回目は、痛みが二の腕(上腕二頭筋)や肩の後ろに移動したので、それに伴い鍼治療の範囲を広げて行いました。

今日は、脇の下から肩甲下筋も追加してみました。

毎回、治療後は、痛みが随分楽になるのですが、スッキリ完治とまでは行きません。

そこで、陰陽交差法で、足の陽明胃経にある下巨虚と言うツボ付近に単刺をして、肩を動かして貰いました。

患者さんは、楽になったと仰ります。

鍼を抜いて動かしてもらうと、刺してる時よりも、明らかに痛みが強いと仰ります。

そこで、そのポイントに皮内鍼を施し、同じように肩を動かして貰いました。

やはり、楽だと仰りましたので、皮内鍼をテープで固定して治療終了です。

何故このツボなのか?

それは、口ではうまく言い表せませんが、番長の手がそう感じ取ったからです。

もう一人、この春から、高校で硬式野球のピッチャーをする少年が、久しぶりにやって来ました。

訴えるのは、肩の後面の痛みです。

番長も、子供相手に、バッティングピッチャーをすると、次の日同じ部分に肩の張りがでます。

そこで、陰陽交差法を試してみましたが、変化なし。

結局、ダイレクトに痛みの部分に鍼治療を施しました。

結果、痛みは無くなりました。

カテゴリ:鍼灸

ebara / 2008年07月29日(火) 21:27