京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

治療室日記 (2009年03月)

痛みに関する話題を綴った日記です。

2009年03月25日(水)
2009年03月12日(木)

1年程前から、首筋や顔にイボができていました。

ネットで調べると、どうやらウィルスが原因で、髭をそる時にイボを傷つけ、それが周囲に広がっているようです。

今日は、思い切って皮膚科に行ってこんな治療をしてきました。

1週間に一度通院して、同じ治療を繰り返す事になりました。

今回は検査などありませんでしたが、改めて処置の点数は低く抑えてられているのが明細を見て良く分りました。

患者の立場になれば、点数配分は必要な処置は高く、不必要な検査は低くでしょうが、何を持って不要な検査と言う定義から話を進めないといけないので、実際問題は無理かもしれません。

ただ、ヨーロッパの腰痛のガイドラインは、急性腰痛に関して行なう画像診断は、骨折、悪性腫瘍の可能性が無い限り、一週間は推奨されていない(禁止?)はずなので、こう言う部分は見習っても良いはずだと思います。

カテゴリ:鍼灸

ebara / 2009年03月25日(水) 20:06

先日読んだ本のあとがきに、とてもよい事がかいてありました。

あとがきのように出来たら素晴らしいですね。

いつも出来なくても、そのような事を心がけている5年~10年後の自分と、全くやらずにいる5年~10年後の自分では雲泥の差があるのでは無いでしょうか?

行動に移そうか迷った時には、やっている自分とやっていない自分の5年先を比べてみると、おのずと答えが出る事も多いかもしれません。

P218の部分を少し引用します。

たくさんの人にすすめしたい本があります。

それは(少女パレアナ)と言う物語です。

中略

パレアナはたった一つのことを実践することによって自分が幸せになったばかりか、周りの人たちに幸せの輪を広げていきました。

それはパレアナにとってはゲームでした。

幼いころお人形がほしかったパレアナは、お父さんにおねだりしました。

お父さんは教会へ行き、お人形がもらえるようにお願いしたがかなわず、教会の係りの人からかわりに松葉杖を受け取りました。

そして、この状況でお父さんはパレアナに(なんでも喜ぶゲーム)をしようとゲームをはじめたのでした。

松葉杖をもらったパレアナはなかなか喜ぶことができませんでした。

だから、はじめは、お父さんにその答えを教えてもらいました。

(杖を使わなくてよいからうれしい)と言う答えを。

中略

人が幸せになるのに、多くのスキルが必要なのでしょうか?

私はそうは思いません。

パレアナの生き方が示すとおり、少ないスキルを徹底することだと思います。

好奇心から、複雑なテクニックや目新しいスキルに目がいくが、本当に大切なのは、ありふれた基本的なものだと思います。

中略

やり方はシンプルですが、いざ実践してみると難しいと感じるかもしれません。

しかし、物の見方が人生に与える影響は多大です。

難しいかどうかではなく、大切かどうかで判断していただきたいのです。

好ましい変化はたくさんのことを知っている人に訪れるのではなく、何かを実践した人に訪れるのです。

そして、何かの実践が積み重なると、それは生き方になります。

人間は、最終的に在り方や生き方そのものに影響を受けるのではないかと思います。

カテゴリ:読書

ebara / 2009年03月12日(木) 16:16