京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

治療室日記 (2010年01月)

痛みに関する話題を綴った日記です。

2010年01月12日(火)
2010年01月04日(月)

今日目を通しました。

加茂先生長谷川先生の事、粟津温泉であったオフ会で御一緒させていただいた野崎先生の事も掲載されています。

加茂先生が本を出されてから、MPSの事もこの一年で色々な雑誌に取り上げられるようになりました。

私自身は、痛みを色んな側面から診ていますが、TP鍼は痛みに対してとても有効な治療方法だと思っています。

TP鍼の本は何冊も目を通していますが、日々TP鍼も進歩しているようですし、本だけでは分からない事が沢山あります。

野崎先生はトリガーポイント鍼灸専門に研鑚されていますので、TP鍼でわからないところを尋ねると、詳しく御教示くださります。

痛みを抱える患者さんには、野崎先生はとても丁寧で優しく頼りになる先生だと思います。

カテゴリ:読書

ebara / 2010年01月26日(火) 17:50

ある掲示板で、私のブログで紹介した圧痛点とバイオネックスと言う記事を参考にしながら、自分で試された方の感想がカキコミされていましたので、ご本人に了承を得てブログに転載させていただきます。

ちなみにバイオネックスはネットでも購入できます。

多分、100個入りが2千円くらいだと思います。

色はイエローで良いでしょう。(鍼の長さで色が違う)

PS 全ての判断は自己責任でお願いします。

新年おめでとうございます。

さて、新年早々ですが針の話題を1つご提供いたします。

番長でおなじみの江原鍼灸整骨院のブログでYOU TUBEで井穴刺絡での圧痛点の探し方、円皮針の貼り方、効き方の確認方法等を紹介していただいております。

私は皆さん同様に井穴刺絡や経絡などは全然頭に入っていませんが今はそのようなことはあまり関係がありません。

YOU TUBEを見て試してみる事です。

私自身、見よう見まねで圧痛点をさがし、手持ちの円皮針(パイオネックスイエロー)を3箇所今朝貼り付けましたら、4年越しの慢性痛である股関節部の痛みが一発で取れました!感激です。

今までTPB治療やテニスボールマッサージ、モーラステープなどで痛みの緩和はできておりましたし、円皮針も時々自己流で使っていましたが、これほどはっきりと痛みが消失するのを実感できるとは思いもよりませんでした。

ここにお集まりの皆さんでTPB治療などがお近くで出来にくい方がいらっしゃったら、一度このYOU TUBEをごらん頂きお試しになっても損はないと思い書き込みさせていただいようなことです。

円皮針はパイオネックスで検索されればインターネットでどなたでも手に入れられます。

針の長さでイエローやグリーンなどと商品が分かれていますが、イエローが一般的ではないでしょうか。

この情報が痛みにお困りの方への朗報となれば幸いです。

カテゴリ:鍼灸

ebara / 2010年01月15日(金) 12:03

皆さんも一度は水墨画を見た事があると思います。

墨一色の濃淡で遠近感を出す絵です。

私は体に例えれば、出来るだけ濃淡は無いほうが良いと思う訳です。

簡単に言えば硬い筋肉が濃い部分なら、弛緩しすぎた筋肉は色が塗られていない所と考えればわかり易いかも知れません。

いかに体の濃淡を無くす事が出来るか考えながら治療にあたっています。

実際は、もう少し深い部分を考えながら診ているのですが、いずれにしても感覚の世界ですのでうまく説明できないのが残念です。

カテゴリ:セミナー・勉強会

ebara / 2010年01月12日(火) 20:47

最近、東洋医学見聞録〈上巻〉と言う本を読んだ。

本の著者は、医師でありながら鍼灸治療を積極的に応用されている。

鍼灸と一言で言っても、計り知れない程の手法や考え方が存在する。

私自身は、置鍼をしている間の時間に他の患者さんを診ると言うやり方に落ち着いている。

やり方はどうであれ、実際の現場で本のやり方で結果が出ているのが論より証拠で、簡単だがとても参考になる部分が沢山掲載されていた。

今日は膝痛2名の患者さんに、本に掲載されていた膝痛3穴と言うツボを使って治療(追試)を試みた。

2名ともよい結果がでたので記録として書き留めておく。

カテゴリ:鍼灸

ebara / 2010年01月04日(月) 18:09