京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

治療室日記 (2010年03月)

痛みに関する話題を綴った日記です。

2010年03月24日(水)

文庫本の方ですが院の貸し出し本に追加しておきます。

字が少し小さいのでサクサク読めませんが、内容は面白いです。

しかし、成人病にしてもMPSにしても、なかなか変わらない大きな要因は、リテラシーの問題抜きにしては語れません。

カテゴリ:読書

ebara / 2010年03月24日(水) 22:20

さまざまな痛みと治療法

この本のP77の神経因性疼痛の項に、先日紹介した正座の時の痛みが分類されています。

神経障害における抹消性の過敏化

侵害受容器が痛みの出発点ではない痛みと言う事です。

腰下肢痛をこの理屈にあてはめれば、異所性発火(興奮)と言う事以外では、うまく説明できません。

異所性発火であれば、下肢に治療を施して痛みが止まると言う事は理屈にあいません。

純粋に上記のようなメカニズムでおこる腰下肢痛があるのかもしれませんが、そのような痛みは、手術を含めて治療法が確立していない痛みです。

カテゴリ:読書

ebara / 2010年03月13日(土) 23:37

Web上の痛みと鎮痛の基礎知識は、大変役に立つサイトで、以前もブログで紹介させていただきましたが、m_chiro先生のブログで、このたび本が出版された事を知り注文しました。

表表紙には、下記のような記載があります。

痛みとはなんだろうか。

単に身体の異常を感知する感覚というだけでなく、不快な情動を伴うことによって、警告信号を発信する重要な役割を果たす。

一方、身体の異常がないのに、慢性的に続く痛みもある。

痛みを抑える治療は古代から試みられ、発展してきた。

そして現在、神経科学や分子生物学などの進歩により痛みそのものについての理解も深まってきている。

もっともっと、痛みの理解が深まると良いですね。

カテゴリ:読書

ebara / 2010年03月08日(月) 15:48