京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

治療室日記 (2013年02月)

トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.では、患者さんが訴える症状や部位にアプローチするために、様々な鍼の種類や長さをを使い分け、トリガーポイントへの治療を行っています。鍼は全て使い捨てです。鍼皿も使い捨てですから、感染症の心配は必要ありません。
トリガーポイント鍼療法は、通常の鍼治療よりも鍼の本数が多くなる傾向にありますから、材料費だけでも結構な出費になります。鍼の廃棄料も増えてしまいます。

今回、新たに加えたのは、セイリンの尖が丸いタイプの鍼です。画像以外にも、まだまだ種類がありますよ~と
うちのサムが言っています。(笑)
鍼を多く揃えておくと、必ずロスが出てしまうのが難点ですが、より良い物を追い求める気持ちは持ち続けたいので。。

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:鍼灸

ebara / 2013年02月28日(木) 08:08

鍼が効くとか効かないとか耳にしますが、鍼は単なる道具でしかありません。高くて評判のいいゴルフクラブを買って、うまくなるなら苦労は要りませんから、それと同じことです。道具は使い方次第です。それに加えて、トリガーポイント鍼、経絡治療や美容鍼 etc 考え方が異なります。これは、カイロプラクティックや整体も同じで、ひとくくりにして語ることはおかしいのですが、鍼治療はなぜか?ひとくくりにして語られる傾向にあるようです。

トリガーポイントブロック注射(TPB)も同じです。加茂先生は、TPBは簡単で医師なら誰でもできると、さらりと仰いますが、実際複数の医師にTPBをしてもらった私の体験談としては、それは????と思えてしまいます。頸痛・腰痛・椎間板ヘルニア・関節痛など筋痛症の掲示板でも、筋痛の患者さんがTPBをしてくれる施術所がないか質問されていますが、TPBも道具でしかないのです。

先日もある患者さんが、最初にしてもらった鍼があまりにも痛く、治療中は痛みのため力が入りっぱなし、我慢の連続で二度と嫌だと思ったけれど、この痛みをなんとかしたいので我慢します。そう泣きそうになりながらお話しして下さいました。実際、私の鍼治療を受けたとあとの感想は、まるで別物のようで全く痛みがなく楽になったと喜んでいただけました。
何も自慢話がしたいわけでもなんでもありませんが、一旦嫌な思いをさせてしまうと、通常は二度目はありませんから、自分だけの評価が下がるのは仕方ありませんが、患者さんがよくなる機会を失わることになったり、鍼治療すべての評価自体が悪くなってしまいかねませんから、自己満足で終わらぬように肝に命じなければいけません。

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:鍼灸

ebara / 2013年02月21日(木) 07:22

今年に入って、トリガーポイント研究会(KTP)のテーマは肩関節です。臨床上よく出会うことがある症例です。肩の痛みと言っても、当然ひとくくりには出来ませんが、追試の結果を総括すると、やはりKTPで習った治療方法は良く効く!です。
スポーツ障害専門の病院で、まったくと言っていい程効果があがらかった高校生が、たった二回の治療で痛みがなくなったり、一般の方が訴える肩の痛みも顕著に改善しています。過剰筋束と言う観方がなければ、ここまでの結果は出なかったでしょう。

私の役割は終わったので、テレビで活躍する姿をゆっくり観戦させてもらうことにしましょう。

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:鍼灸

ebara / 2013年02月20日(水) 08:00

私は長くテニスをしていますが、ここ数年、右肩の痛みで困っていました。世間で言う五十肩だと思い、放置すればその間に治るだろうと考えていました。
しかし、夜に痛みで寝られない日が続いたので整形外科に行、MRI検査の結果、腱板というところが少し切れているので手術を勧められました。
腱板損傷は、手術をしても完全に良くなるかわからないとも言われました。

私の症状をインターネットで調べていると、トリガーポイントと言う今まで聞いたこともない病気があることを知りました。それが、江原先生のところへ通院する始まりでした。

江原先生は、肩の動きを見たり触ったりしながら、鍼とマッサージのような治療をしてもらいました。三回目の治療後くらいから痛みが楽になり、夜中に痛みで目覚めることもなくなりました。江原先生に、ずいぶん良くなっているので、少しづつテニスをしてみればどうですか!とアドバイスしてもらい、最初は少し痛みがあり恐々でしたが、回を重ねるうちに痛みが気にならなくなり、今では、サーブもスマッシュも思いっきりスイング出来、あの時手術をしなくて本当に良かったと思います。拙い文章ですが、少しでもトリガーポイント、筋筋膜性疼痛症候群(MPS)という病気で苦しむ方のお役に立てればと思い、体験談を書かせていただきました。

 

トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.は、上記のような痛みや症状以外にも、筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)、筋痛症の患者様が多数来院される治療院です。

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
 円町、大将軍、白梅町、等持院、花園、西ノ京、太秦、鳴滝、宇多野、御室方面からもすぐです。
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

メールでのお問い合わせ⇒メールフォーム

カテゴリ:患者様の声

ebara / 2013年02月12日(火) 08:18

今日は、トリガーポイントセミナーに行ってきました。テーマは肩関節です。臨床では治療頻度が高い関節です。しかし、私の場合治療成績が高いと言えない部位です。大結節、小結節、三角筋が硬化していると触察しにくい部分ですから、しっかりイメージできるように反復練習するしかありません。

セミナーの開催日を来週と勘違いしていましたが、セミナーが遅い開始時間だったので助かりました。

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639  「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:セミナー・勉強会

ebara / 2013年02月10日(日) 18:30

私は六年あまり、脊柱管狭窄症から来る坐骨神経痛で苦しみました。病院は何カ所も行きましたが、脊柱管狭窄症は、手術しか治す方法は無いと言われ、痛みに耐えかねて何度も手術するか迷いました。週に一回くらい、有名なカイロプラクティックの先生に往診してもらい治療を受けていました。その先生は、骨盤と背骨の歪みを取れば治る。大好きなゴルフは、腰に良くないので絶対いけませんと言われ、言われる事を守りつづけましたが、近所に買い物に行くにも痛みのために何度も休憩が必要になり、仕事は立っているとすぐに痛くなるので、お客さんより早く椅子に座らなければならないように、徐々に悪くなって行きました。

ある時娘が、原因不明の背中の痛み(本人は陣痛より辛いと表現していました。)で、何軒もの病院を回りました。結局、どこに行っても様子をみましょうと言われ、大量の薬と湿布を貰ってくるだけでした。そんな娘が、インターネットで江原先生のことを見つけ治療に行きました。たった二回の治療で、寝たきりに近い娘が治ったのを見て、ひょっとしたら、私の痛みも治してもらえるかもしれないと思って通院しだしました。

通院しだした頃は、バス停から江原先生のところまで、痛みのため何度も休みながら歩いて行きました。そんなことが数回続いたある日、いつものようにバス停から歩くと、少しは痛みがあるものの、先生のところまで休憩なしで歩けるようになっていることに気付き、少し自信が回復してきました。お医者さんは、あれはダメ!これはダメ!と言うばかりでしたが、江原先生は真逆で、早くよくなってゴルフに行きましょうとか、いろいろ励まし続けてくれました。本当にそれが現実となり、今では諦めていたゴルフに行く事ができるまでに回復しました。二年経った今では、痛みはまったくと言っていいほどありませんが、体のメンテナンスと先生の顔を見るのを楽しみに通院しています。

 

トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.は、上記のような痛みや症状以外にも、筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)、筋痛症の患者様が多数来院される治療院です。

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
 円町、大将軍、白梅町、等持院、花園、西ノ京、太秦、鳴滝、宇多野、御室方面からもすぐです。
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

メールでのお問い合わせ⇒メールフォーム

カテゴリ:患者様の声

ebara / 2013年02月08日(金) 12:34

18歳の時に坐骨神経痛・椎間板ヘルニアで手術をして以来、30年に渡って腰痛と付き合ってきました。手術後は普通の生活をしてきましたが、その間、腰痛と無縁であったかというと、そうではありません。時に痛みがひどくなったりしつつ、つきあってきた・・・と言う感じです。当時、手術前にドクターから(背骨にヘルニアがあり、神経に差し障り・圧迫があるから痛みが発生している。)と説明を受けてました。そう言うメカニズム?であると信じながら、(手術でヘルニアを取り除いたはずなのに・・・)なぜまだ痛みがあるんだろう。。。と思いながら術後を過ごしていました。

江原先生に治療を受ける前の状態は・・・
毎日痛みがあり(寝ている間に鈍痛がありました)、日々の生活の中で(痛みがあるストレス)に、うんざりしていました。

そこで、ネットで(京都 腰痛 整形外科)で検索したところ、上位に出てきた●●整形外科に通院・・・レントゲン・・・MRIの画像・・・診断後に
・昔、ヘルニアで手術を受けた後が悪くなった
・手術しかない
・手術を決断できない場合は、通院治療(牽引・腹筋を鍛える指導)
 ここは、三回くらい通院して正直(こりゃアカンわ)と思いました。
・・腹筋を鍛えて腰痛が良くなるなら、一流アスリートやプロレスラーには腰痛は無いんか!?と思いました。

再度ネットで検索して(トリガーポイント)というキーワードに導かれ、江原先生の治療を受けることになりました。江原先生には、私の長年に積もり積もった痛みについて(10回くらい通うつもりで。。。)と治療計画を提案いただき、4~5回目の治療後に、あきらかに違いが出てきているのを体感し、8回目の治療で、(すごい!!痛みから解放された)と感じました。

ほんとに・・足を向けて寝られません!!(笑)
これからも、メンテナンス含めてお世話になります。

 

トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.は、上記のような痛みや症状以外にも、筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)、筋痛症の患者様が多数来院される治療院です。

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
 円町、大将軍、白梅町、等持院、花園、西ノ京、太秦、鳴滝、宇多野、御室方面からもすぐです。
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

メールでのお問い合わせ⇒メールフォーム

カテゴリ:患者様の声

ebara / 2013年02月07日(木) 21:04

私はランニングが趣味ですが、半年以上収まらない股関節の痛みに一人悩んでいました。色んなマッサージやストレッチなどを試しましたが、全然よくなりませんでした。自分で内転筋のマッサージをしても、後で痛みが増す始末。もう最後は1kmも走らないうちに股関節に重い筋肉痛のような疲労が来て、足が終わってしまったような状態になっていました。あれこれ情報を探しているうちにWEBサイトで江原先生のトリガーポイントエクササイズを知り、それに参加したのをきっかけに鍼治療も受け始めました。最初の一、二回で良くなり始め五回目くらいですっかりよくなりました。それから二年は経過していますが良好な状態を保てています。ハーフマラソンや20キロのトレイルランニング(山を走る競技です)などのレースにも出ていますが、股関節、内転筋の問題で動けなるようなことはすっかりなくなり、何の不安も無くランニングを楽しんでいます。

治療では、股関節や内転筋に直接働きかけることは滅多になく、私の場合は主に腰や殿部の痛みを探索しました。必ずしも痛む箇所そのものが原因ではないことに本当に驚きました。トリガーポイント鍼は回を重ねるごとに(気持ちいい)の割合が増えていき、今は、鍼を刺しても全く痛くない部位ばかりで、むしろ、(なんで鍼をしているのに痛くないの?)と不思議に思うほどです。今は、コンディション維持のために通っています。おかげで走れなくなるような怪我はしなくなりました。

江原先生が治療の際に話してくれる(痛みとの付き合い方)も鍼と同じくらい大きな収穫でした。かつては(痛みを取り除きたい)と(痛み)ばかりにこだわっていました。でも、今では(ギリシャの彫刻のような完璧なコンディショニングなんかありえないんだし、長く健康に楽しくスポーツができればちょっとくらい痛くてもいいんじゃないの?)と力を抜けるようになりました。すると不思議なものでかえって痛みがなくなるんですよね。心が体に及ぼす影響も無視できません。

今でも走りすぎるとたまに張ってくる時があったりしますが、まあ、誰しも弱い箇所、傷めやすい箇所はあるでしょう。むしろ、トレーニング量やストレスのバロメーターに利用しています。普段は江原先生に指導してもらったエクササイズやストレッチ、練習量の調節でできるだけ自分で対処しています。それでも痛みが不安になってきたら悩まないで先生に相談して治療を受けています。とにかく不快な痛みはサッサと取り除いて、考えないのが一番だと思います。自分でできることはやってみるが、無理なら先生と一緒にマグマ溜まり(トリガーポイントや心的不安)を爆発する前に取り除いていく、と。先生に助けてもらいつつ、今はやっと、文字通リ自分の足で走っているような充実した感じがしています。

もし、本番のレース後半にダレてきたり、序盤から足に異常に足が張ったりして攻められないなら、それは鍛え方が足りないんじゃなくて知らず知らずのうちに蓄積している疲労のせいかもしれないです。ストイックに体を追い込んで行く前に鍼でリラックスしてみることを、本当にお勧めしたいです。鍼を受けた後は長時間の車の運転をしても腰がだるくならなかったりするので、日々の生活がなんとなくしんどい人にもお勧めです。

 

トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.は、上記のような痛みや症状以外にも、筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)、筋痛症の患者様が多数来院される治療院です。

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
 円町、大将軍、白梅町、等持院、花園、西ノ京、太秦、鳴滝、宇多野、御室方面からもすぐです。
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

メールでのお問い合わせ⇒メールフォーム

カテゴリ:患者様の声

ebara / 2013年02月06日(水) 08:40