京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

治療室日記 (2014年01月)

痛みに関する話題を綴った日記です。

下に記載した二つの研究の報告をご覧ください。片方では、マニュピレーション(矯正)が、非常に有効とされています。もう一つでは、有効であるが、まだまだわからないとされています。

Aの研究報告

■急性あるいは亜急性腰痛に対する脊椎マニピュレーションは、他の治療法に比べて短期間で疼痛および活動障害の改善、ならびに患者の満足度という点でより高い効果が得られる(★★★)。http://amzn.to/Hk8veA
(強く推奨)

Bの研究報告

■脊椎マニピュレーションが奏功する患者の選択基準もなければ、最も有効なマニピュレーションテクニックに関するエビデンスもなく、マニピュレーションを実施する最適なタイミングも明らかになっていない(★)。http://amzn.to/Hk8veA
 (推奨する根拠がはっきりしない) 

片方で強く推奨しながら、片方では、効果があるが、推奨する根拠がはっきりしない。取り方によっては、真逆ともとれます。脊椎の固定術についても、福島大学の菊地先生が、下記のようなことを書かれています。(固定術だけでなく、痛みに対する他の手術や療法も同じです。)

http://www.ebara-acupuncture.com/archives/1201

固定術がなぜいいのか、何にいいのかに関しては、本当のところはまだ分かっていないのだという事を認識してやっているかどうかは、大切なポイントです。

痛みは、複雑系ですから、安全な方法から試しましょう。長引く痛みでお困りの方に、トリガーポイント療法が、お役に立てるかもしれません。トリガーポイント療法は、安全なだけでなく、大学の研究機関で、有効性について常に検証され、進化し続けています。

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639  「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:医療情報

ebara / 2014年01月23日(木) 08:31

痛みは、まだまだ分からないことだらけです。特に長引く痛みは、複雑系と呼ばれたりもします。組織の炎症を伴う痛みは、ロキソニンなどのNSAIDSの出番です。遠方から、長引く痛みを抱えて来られる患者さんは、上記のような薬が効果がない場合も多く、そのような場合は、組織の炎症に伴う痛みでない(もしくは、炎症があっても僅か)と考えられます。長引く痛みには、ありふれているにもかかわらず、世間で認知されていないような、筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)、トリガーポイントなどの痛み、心理的な痛み、神経障害性疼痛と呼ばれる痛み、etc 様々な痛みが複雑に絡みあっているのでしょう。治療にかかわるものが、自分が提供する技術やサービスが適応するのか?全ての痛みはとれなくても、患者さんが満足できるゴールまで導けるのか?そうでないのか?適応しなければ、どのような方法があるのか?痛みに携わる者の多くが、自分が学んできたフレームだけで痛みを診ようとしているのかもしれません。痛みで辛い思いをしている患者さんに、自分の利益に捉われず、方向性を示してあげられるようになることが、結果的に、他科との連携をスムーズにしてくれるようになるのでは無いかと思います。その為には、痛みを知る!ことが重要ですね。

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639  「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:痛み痺れ

ebara / 2014年01月20日(月) 15:16