京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

治療室日記 (2015年02月)

痛みに関する話題を綴った日記です。

2015年02月27日(金)
2015年02月13日(金)
2015年02月13日(金)
2015年02月13日(金)
2015年02月13日(金)
2015年02月13日(金)
2015年02月13日(金)
2015年02月13日(金)

雑誌、Tarzanトリガーポイントの特集がありました。
画像もページ数も多く、わかりやすい内容です。
監修は、日本のトリガーポイント研究の第一人者である、明治国際医療大学伊藤和憲先生です。
私は、伊藤和憲先生が、第14回MPS研究会の学術集会で、基調講演をされた時に、初めてお会いすることができました。
痛みは、色々な要素が複雑に絡み合っていますので、筋膜性疼痛症候群(MPS)トリガーポイントだけでは語れません。
しかし、痛みやシビレ、不定愁訴でお困りの方が、筋膜性疼痛症候群(MPS)トリガーポイントの治療だけで、良くなることも少なくありません。
筋膜性疼痛症候群(MPS)や、トリガーポイントは、ありふれているにも関わらず、医療従事者の多くが、その存在すら知りません。

医師やプロスポーツ選手も通う、江原鍼灸整骨院.は、京都JR嵯峨野線円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートルの場所にある、トリガーポイント鍼灸・手技療法専門院です。
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐですので、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛、腰痛などの
痛みやシビレ、不定愁訴でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

 

IMG_0161

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント鍼灸療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日 ・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:読書

ebara / 2015年02月27日(金) 07:55

日本では、いつごろ反映されるのでしょうか?
スタチン製剤の売り上げは大きいですから、製薬会社も頭が痛いことでしょう。
スタチン製剤の副作用には、背部痛などもありますから、注意したいですね。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6150329

コレステロール制限必要なし=食事摂取で新見解―米当局

時事通信 2月20日(金)9時13分配信

【ワシントン時事】健康維持のため食事による取り過ぎには注意が必要とされているコレステロールについて、米当局は19日、摂取量を制限する必要はないという新たな見解を発表した。
「コレステロールは過剰摂取を心配する栄養素ではない」と明言している。

 米厚生省と農務省が設置した「食事指針諮問委員会」が報告書を公表した。
各種調査結果から「食事によるコレステロール摂取と(動脈硬化などの病気の危険を増すこともある)血清コレステロールの間に明らかな関連性はない」と結論付けた。 

コレステロールについては、m_chiro先生の記事に、わかりやすく書いてあります。
体内で炎症性物質を抑える食事を心がけることが大事

 

7453

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント鍼灸療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:医療情報

ebara / 2015年02月21日(土) 07:31

長引く痛みでお悩みの方にお話を聞くと、色々な治療を試みたが効果が無いと言う方がたくさんおられます。
では、それ以外に何か自分でできる事をしましたか?とお尋ねしても、大半の方は返事に困られます。
前者は、医師や治療家に任せっぱなしとも言えます。
動くことによって、取れる痛みもありますし、筋肉に負荷をかけて動かすことで成長ホルモンや、痛みや鬱と関係が深い神経伝達物質も増加すると言われています。
体の使い方に偏りがある為に、痛みを持続させている場合もありますから、動かせば、一概に痛みが取れるということではないですが、動かさなければ動かなることだけは、事実としてわかっているそうです。
しかし、体を動かしましょうと言っても、なかなか行動に移すのは簡単ではありませんから、まずは、活性化したトリガーポイント、筋膜性疼痛症候群(MPS)の治療をしっかり行ってみましょう。
それだけで、解決する場合も少なくありません。
江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸専門院ですから、筋膜性疼痛症候群(MPS)や長引く痛みでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

トゥース!

74125

 

 ・痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント鍼灸療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。) 円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日 ・電話 075-463-8639 ・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:治療室こぼれ話

ebara / 2015年02月20日(金) 08:53

カテゴリ:患者様の声

ebara / 2015年02月13日(金) 14:17

 

カテゴリ:患者様の声

ebara / 2015年02月13日(金) 14:16

 

カテゴリ:患者様の声

ebara / 2015年02月13日(金) 14:14

 

カテゴリ:患者様の声

ebara / 2015年02月13日(金) 14:12

カテゴリ:患者様の声

ebara / 2015年02月13日(金) 14:11

 

カテゴリ:患者様の声

ebara / 2015年02月13日(金) 14:10

カテゴリ:患者様の声

ebara / 2015年02月13日(金) 14:09