京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

治療室日記 (2015年05月)

痛みに関する話題を綴った日記です。

運動器の痛みは、構造の問題よりも、機能的な痛みがメインになると考えられます。
早い話が、軟骨のすり減りとかではなく、筋膜性疼痛症候群(MPS)、トリガーポイントと呼ばれる、レントゲンに写らない、筋肉などの軟部組織の痛みが、それに該当します。
野球をやる方と、サッカーをやる方で、痛みを訴える場所が違い、それぞれ傾向の違いが見られます。
そのような事実から、筋膜性疼痛症候群(MPS)、トリガーポイントの形成には、体の使い方も大きく影響していると考えられます。
何が間違いで、何が正解などは簡単に語れませんが、自分の身体を知ることは、スポーツ障害などの痛みを解決するには重要な事かもしれません。
まずは、自分の身体の使い方をモニターしてみようと、Care Disk(ケアデイスク)を購入してみました。
トリガーポイント鍼灸・手技治療専門院の江原鍼灸整骨院.は、スポーツ障害と呼ばれる痛みの改善に力を入れています。
京都円町 大将軍 白梅町 花園周辺でスポーツ障害でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

実際の治療の様子を知りたい方は⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/17926

 

Care Disk(ケアデイスク)

 

IMG_1579

 

使い方は、こんな感じ

 

IMG_1578

 

トリガーポイント鍼灸・手技療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:痛み痺れ

ebara / 2015年05月20日(水) 07:15

月日が経つのは早いもので、トリガーポイント鍼灸・手技治療専門院の江原鍼灸整骨院.も、今日で開業20年を迎えました。
振り返れば、日本の人口動態や保険制度も大きく変わりましたが、よく潰れずにやってこれたと思います。
支えてくださった方々、家族に感謝です。
これから、超高齢化社会を迎える日本において、痛みの医療の充実は急務です。
少しでも、痛みや不定愁訴に悩む方のお手伝いができるように、これからも精進してまいりたいと思います。

 

fukusuke001v

 

トリガーポイント鍼灸・手技療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:お知らせ

ebara / 2015年05月16日(土) 08:17

医師以外に診断権はありません。
しかし、トリガーポイント鍼灸だけでなく、人の身体を触る臨床の現場では、その都度、目の前の患者さんが訴える症状が、禁忌症、自分の治療の守備範囲であるのかどうかを判断しなければいけません。
残念ながら、禁忌症や適応症などを気にせず、実際に治療に入る治療家が存在するのも事実です。
治療家は、治療がうまくなっても、自分の身体を満足に治療することはできません。
もし、自分の身体を治療してもらう場合、禁忌症や適応症などを気にせず治療に入る方に診てもらいたいですか?
自分の答えがNOにもかかわらず、患者さんには、そのような物を提供しようとしないなら、おかしくないですか?
答がNOならば、テクニックばかりに目を向けず、視野を広げる訓練が必要だと思います。
下に紹介する、THE整形内科と言う本は、筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会に所属される医師も分筆されている本です。
病院や医院、治療院、施術院と呼ばれるところに来られる患者さんの多くは、何かしらの痛みを訴えて来院されることが多い事しょう。
筋膜性疼痛症候群(MPS)の事も書かれていますし、禁忌症や適応症、頭に入れておきたい疾患 etc がわかりやすく掲載されています。
人の身体に触る仕事をされる方にとって、とても参考になる本です。

 
IMG_1574

 

トリガーポイント鍼灸・手技療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:読書

ebara / 2015年05月11日(月) 07:42