京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

ニューロマスキュラー・テクニック(NMT)は、アメリカ、ヨロッパで発展した療法であり、軟部組織の機能障害全般と筋筋膜のトリガーポイント、その他の反射発生的に関連する機能障害を対象とした徒手療法です。
トリガーポイント鍼灸・手技療法専門院の江原鍼灸整骨院.では、体の繋がりを意識しながら、手技療法も加え、トリガーポイントの治療を進めます。

 

IMG_1701

 

 

トリガーポイント鍼灸・手技療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:読書

ebara / 2015年07月27日(月) 07:26

5.6%、この数字は、亡くなるまでに、一度でも鍼をした経験がある人の数字です。
どのような統計の取り方なのか不明ですが、この数字の中には、経絡派の鍼、トリガーポイント鍼、最近流行の美容鍼 etc も含まれと思います。
鍼と言う言葉で一括りにされていますから、トリガーポイント鍼治療を受けたことがある人の数字は、ごくごく限られた人しか居ないことになります。
いずれにしても、いかに鍼治療自体が、身近なものでないのかが分かります。

古典芸能の代表ともいえる歌舞伎も、歌舞伎をわからない者は、歌舞伎を勉強してから、見に来なさいと言う時代では無くなっています。
若い歌舞伎役者は、歌舞伎を知らない、分からない人にも、分かりやすく楽しんでもらおうと、色々工夫されています。

我々の業界も、トリガーポイント・気・血・津・脈・見えないものを、患者さんに分かりやすく伝えられるようにしないと、どんどん患者さんの支持を得られなくなってしまいます。
情報の90%以上は、目から入るとも言われています。
可視化できるという事は、わかりやすく伝えるができます。
可視化するには、医師以外でも使うことが出来る、超音波エコー観察装置を使うのが現実的です。

鍼治療の場合、片手にプローブを持ちながら、もう片方の手で、注射と言う訳には行きませんが、直接治療に使えなくても、超音波エコー観察装置で可視化すると、筋膜の重責した部分に反応する場所が多い、腱断裂などの構造上問題があり、トリガーポイント鍼灸に適応しない etc
患者さんや医療従事者同士で情報を共有することができますし、予め、予後が予測できるものもあるかもしれません。
分かりやすく伝えると、鍼灸が身近なものになり、5.6%と言う数字が、少しでも上がってくれるかもしれません。
トリガーポイント鍼灸・手技療法専門院の江原鍼灸整骨院も、分かりやすく伝えるために、超音波エコーの勉強を進めていきたいと思います。

 

IMG_1678

 

 

トリガーポイント鍼灸・手技療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:鍼灸

ebara / 2015年07月25日(土) 19:20

長引く腰痛は、トリガーポイント、筋膜性疼痛症候群(MPS)だけでは語れません。
痛みは脳で認知されます。
すっぱい梅干を食べたことがある人なら、梅干を見るだけで唾が出るようになります。
最近の研究では、痛みを伝える神経は歪みやすい事がわかってきました。
歪むとは、痛みが長引く間に、自分にとってはありがたくないソフトを、脳がインストールしたような状態になってしまう。
そのように考えると、理解しやすいかもしれません。
一度覚えこんだパターンを変えることは、治療だけでは困難な事もあります。
活性化したトリガーポイントの治療も重要ですが、下の図に記載されている事を理解し、実践していく事は、慢性化した痛みを抱える人には、とても重要なことです。
その為には、自分で治すんだ!と言う気持ちと行動力、自己学習が必要です。
ただ、言うのは簡単ですが、良くなりかけていた痛みが、一時的に悪化したり、なかなか思ったような結果が出ない場合、誰でも滅入ってしまいます。
モチベーションが、長く続かないのが人間です。
トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース療法専門院の江原鍼灸整骨院.は、慢性痛の患者さんに、メディカル・ヨガで、セルフケアの指導を執り行っています。
また、不安が強い患者さんには、何度もメールの相談にのることもあります。
体の治療だけでなく、痛みの情報発信や、セルフケアや認知行動療法などをアドバイスしながら、長引く痛みを一緒に克服して行きましょうと言うのが、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース療法専門院の江原鍼灸整骨院.の治療理念であり哲学です。

 

11738022_908021482584392_6745348488263165997_n

11541910_908025592583981_8409604417441382403_n

11267240_908026662583874_9064049737777799883_n

18787_908022842584256_7755468027089452453_n

11168556_908020152584525_6404764662805410435_n

11705285_908020529251154_3070793551141191424_n

  

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:医療情報

ebara / 2015年07月13日(月) 14:52

科学新聞社から、カイロジャーナルが送られてきました。
その中に、治療技術で悩む前の義務、なぜ検査が必要なのか?と言うコラムがありました。
手技は違えど、コラムの中には、私がいつも臨床で大事にしている事が、書かれていました。
コラムに書かれている記事の検査は、動的触診のことを指しています。
我々鍼灸で言えば、証を立てたり、機能の評価と言う言葉に置き換えられるかもしれません。
我々のような職業は、患者さんが来てくれてナンボ!です。
一回でも多く、いつまでも通院していただければ、院の利益になることは間違いありません。
いくら凄い技術を持っていても、患者さんが来てくれないと潰れてしまいます。
ただし、我々の仕事は、患者さんを居つかせることが目的ではありません。
自分の治療の適応外と判断したら、速やかに他科の受診を勧めるのは当然です。
効かない治療を続けることは、何のメリットもありません。
その為には、治療を開始する前に全体像の把握、患部の的確な観察が必要です。
更に付け加えれば、禁忌症の可能性があるかどうかまで観察し、臨床を展開しているかどうかは、もっと重要な事だと思います。
そうすることで、下の画像にあるように治療がスムーズに行え、結果が早くでることになるのです。
治療技術で悩み、セミナーばかり出ていても、このような部分が出来ていないと、患者さんとの信頼関係が築けるはずはありません。
そこに気づくと、抱えている悩みが解決し、臨床家として一皮も二皮も剥ける事ができるかもしれません。
つくづく、臨床の現場は地味な事の繰り返しであり、派手なことなどする必要はないのだと思います。

 

001 

  

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:治療室こぼれ話

ebara / 2015年07月07日(火) 13:25

江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース療法専門院です。
今回は、膜の繋がりを学びたく、医歯薬出版から出版された、人体の張力ネットワーク膜・筋膜 最新知見と治療アプローチと言う本を購入しました。
中身は、肖像権の問題もありますから、お見せすることはできませんが、かなりのボリュームです。
臨床でどう展開していくか考えながら、読み進んでみたいと思います。
 

 IMG_1665

  

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:読書

ebara / 2015年07月04日(土) 18:58

TMSジャパンからのMLです。

腰痛患者63名を4群に割り付けてトリガーポイント注射の有効性を調べたRCT(ランダム化比較試験)によると、疼痛改善率は鍼治療群や冷却スプレー+虚血圧迫群より、トリガーポイント注射(局所麻酔剤・局所麻酔剤+ステロイド)群の方が低いことが判明。http://1.usa.gov/nTBSuI
最新の腰痛診療ガイドラインでは、発症4後週間以上の亜急性・慢性腰痛に対して鍼治療とマッサージ(虚血圧迫)を推奨しています。

 

img_0_m

 

上記も、トリガーポイント注射、鍼治療、腰痛と一括りにされていますので、単に鍼治療とマッサージを推奨とは、言い切れないと思います。
最近は、情報が氾濫していますので、少し私が思うことを書いてみたいと思います。

 

third_image

 

最近、テレビでトリガーポイントについての番組を見る機会が増えました。
集患や集客が目的?
その恩恵に預かろうとしたいのか?
トリガーポイントの治療を行っていると謳う、治療院が増えてきたように感じます。
あたかも、自分が編み出したかのように、〇〇式トリガーポイントと謳っている院もあります。
トリガーポイントの治療を行うのに、特別な資格は必要ありませんから、トリガーポイントの治療をやっていると謳う事自体は、嘘ではありません。
独学でも、深い所まで落とし込んで、臨床を展開されている方も居れば、本を読んだだけの方も居るかもしれません。
そもそも、トリガーポイントの治療は、他の治療に比べて、時間と手間がかかりますし、活性化したトリガーポイントを見つけるには、解剖学、動作分析 etc 高い臨床力が必要ですから、トリガーポイントの治療を行っていると謳う治療院全てが、高度な技術があるとは思えません。
何より、ブームで終わらせないようにしなくては行けません。

 

trigger

 

江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイントの研究の第一人者である、黒岩恭一教授の主宰する、トリガーポイント研究会でトレーニングを受けた、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院です。

技術水準が高い、トリガーポイント療法を行う治療院を探しておられる方は、こちらが参考になると思います。⇒http://k-tp.jp/clinic

また、以前記事にしましたが、トリガーポイント注射とトリガーポイント鍼灸は、名前は似ていても別の治療法とも言えます。
どちらにも良い点がありますので、参考にされたい方はお読みください。⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/1871

 

fifth_image

 

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:医療への不信感

ebara / 2015年07月02日(木) 14:11