京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

治療室日記 (2018年11月)

初診の問診では、ケガに由来するものなのか?そうでないものかを聞きます。
前者は、保険適応できる場合があります。
後者は、自費となります。
前者・後者ともに、問診を進めながら、必要に応じ、エコー検査・徒手検査などを加え、医科を受診してもらった方が良いものか、当院の施術で改善が期待できるものかを判断します。
改善できる症状と判断したものに施術を加えてきます。
良くなり方は、個人差があり、施術による反応も人それぞれですので、初回や二回目は、状態を観察しながら、施術を進めます。
一人に使える施術時間は限られていますので、局所ではなく、一度に広範囲の症状を施術希望される方は、予約時に、長めの施術時間を予約してください。
当日は、予約状況により、施術時間の延長をお断りする事がありますので、予め、ご了承ください。

 

83x83n838a815b839383v838783b83g202014-10-192016_31_55

カテゴリ:治療室こぼれ話

ebara / 2018年11月16日(金) 12:32

毎日、今日なんとか施術して欲しいと言う電話が、必ずあります。
空きがあれば施術しますが、空きが無ければどうすることも出来ません。
急患の依頼は、柔軟に対応いたしますが、それでも物理的に限度があります。
当院は、WEBサイトでも案内していますが、一日の施術する人数に上限を設けています。
その為、事前の予約を入れておられる患者さんを、最優先で施術します。
また、こちらも事前の準備をしていますので、安易な理由でのキャンセルは辞めてください。
日本の痛み医療は、欧米より20年以上遅れていると言われていますが、筋膜性疼痛症候群(MPS)治療の第一人者の医師は、日本の痛み医療が遅れている背景に、日本人がサービスを無料と考える国民性にも問題があると仰ります。
自分だけに良く、相手に労を押し付けるシステムは、やがて機能しなくなるものです。

 

 

v-treat-01

カテゴリ:独り言

ebara / 2018年11月12日(月) 07:29

加茂先生のブログ記事、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアが痛みやしびれの原因になることは決してありません。⇒https://junk2004.exblog.jp/28774353/

記事の中に、脊柱管狭窄症診断サポートツールマニュアルの画像があります。
その中に、脊柱管狭窄症の診断基準は有りませんと言う文言があります。
脊柱管狭窄症の診断基準がないということは、膀胱直腸障害がない場合、手術の判断はどのようにして決めるのでしょうか?
曖昧なまま、手術をされたら堪らないですね。
なぜ、、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアが痛みやしびれが、 当院の施術で良くなるのでしょうか?
それは、痛みやしびれの原因が、神経圧迫では無い可能性が高いからです。

画像は、https://junk2004.exblog.jp/ブログより転載

 

b0052170_17070648

 

カテゴリ:医療への不信感

ebara / 2018年11月01日(木) 21:00