京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading
江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

ロキソニンが効かない膝の痛みとトリガーポイント。 - 症例報告

ロキソニンは、痛み止めに使われる代表のような薬です。

この薬を飲んでも、ちっとも膝の痛みが引かないと言う患者さんがみえました。

上の図では理解しにくいかもわかりませんが、番長の記憶が正しければ、例えばどこかに足をぶつけたとします。

まず、ブラジキニンと言う発痛物質が体内で生成され、次いで、それを増強するプロスタグランジンと言う物質が生成されます。

ロキソニンと言う薬は、プロスタグランジンの生成を抑制する働きのあるお薬です。

ロキソニンが効かないのは、その部位に発痛物質が無いと想像出来るのでは無いのでしょうか?

(事実は分りませんが・・・)

単に、筋肉の凝り、スパズム、痙攣etc と呼ばれるような物だから、ロキソニンが効かなかったと番長は判断しました。

患部のアイシング、内側広筋、外側広筋、に単刺。

(1本の鍼で行なう手技)簡単な治療で、痛みが10→0になりました。

再発しても、このような簡単な治療を数回すれば、こじれる事は無いと思います。

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
 円町、大将軍、白梅町、等持院、花園、西ノ京、太秦、鳴滝、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

メールでのお問い合わせ⇒メールフォーム

カテゴリ:症例報告 ,膝の痛み

ebara / 2008年08月12日(火) 20:43