京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading
江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

筋トレをしても全ての痛みが消えるわけではありませんが、立っていると腰が痛いが寝れば楽になるようなタイプは、重力を抜くと楽になる腰痛のタイプですから、筋力がかかわっているとも言えます。
筋力をUPするには筋トレが必要です。
ここでは筋トレを、上げられる重さが大きくなっていくやり方と定義します。
単に歩いたり体を動かしているだけでは、たいして筋力は強くなりません。
筋力を上げる運動は、自分が今持ち上げられる最大負荷をかける運動が必要です。
ベンチプレスで100キロを目指すなら、10キロのウェートを100回あげられるようになっても、100キロを上げる事はできません。
最大負荷をかける運動は無酸素運動になり、数をこなす事が出来ませんし正直キツイ運動になります。
体は最大負荷をかけたストレスに適応しようとして変化する訳です。
また数を多くやる運動は、どこかをケガさせる可能性が上がります。
スポーツ障害はこれに相当します。

この辺りは、アイアンクリニックのHPが参考になるでしょう。⇒https://ironclinic.jimdofree.com/

人間二十歳を過ぎれば体の機能は低下していきます。
しかし、筋肉や骨や腱は何歳になっても鍛えれば強くなりましすし、トリガーポイント鍼をするとで繊維芽細胞がコラーゲンを増やし、潤いを持ったしなやかな組織に治してくれます。
どちらも、唯一体の器官を若返らせることができる方法とも言えます。

 

 kintore_ojisan

 

 

・江原鍼灸整骨院.  
・京都市中京区西ノ京御輿ケ岡町10番地
・電話 075-463-8639
・営業時間 9:00~12:00 16:00~19:00(水・土 午前中)

カテゴリ:医療情報

ebara / 2023年01月27日(金) 08:17

安静にした方が痛みに良いと思っている方が非常に多いように思います。
当院に来られる方は長引く痛みの為、インターネットで検索して来られる方が多いですが、そのような方の大半は安静にしていても良くなってない方です。
ギックリ腰も安静にすることなく、日常と同じように過ごしている方が早く社会復帰できると言われるようになりました。
スポーツ障害のような繰り返しの動作が原因の痛みは、その動作を一時的に行わないと言う選択肢はあるかと思います。
脂汗を流してまで動かす必要はありませんが、動かさないと動かなくなることは分かっています。
痛みは最終的に脳で認知されますから、トリガーポイント鍼施術などをうまく活用し、痛みを和らげながら動かす事で良い体の状態を脳が再認識します。
痛みで出来ないから、痛くても出来るに変換していく事も、認知行動療法の一つと言えるでしょう。

 

 hospital_ansei

 

 

・江原鍼灸整骨院.  
・京都市中京区西ノ京御輿ケ岡町10番地
・電話 075-463-8639
・営業時間 9:00~12:00 16:00~19:00(水・土 午前中)

カテゴリ:痛み痺れ

ebara / 2023年01月25日(水) 08:36

慢性痛は、痛みを伝える神経が歪んでしまったと考えられています。
そのため脳や末梢が過敏にってしまい、施術だけではうまく除痛できない痛みです。
しかし、手術するしか無いと言われた痛みや原因不明とサジを投げられたような痛みが、筋膜性疼痛症候群(MPS)と言うありふれた痛みのケースの場合があります。
そのような痛みには、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース療法の効果が期待できます。
ただし、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース療法は魔法のような施術ではありませんし、日常生活習慣(スポーツのやりすぎ、仕事など作業関連痛、ストレス過多など)が深くかかわっていると、その見直しを患者さん自身に考えてもらう必要があります。
当院は患者さんが元居た場所に早く戻れるお手伝いをする治療院です。
上から目線な物言いをするつもりはありませんが、下記のような方にはお役に立てないかもしれません。
お互い気持ちよくいられるように、予約をお考えの方は下記項目を参考にしていただけると幸いです。

・無断キャンセル、直前のご予約の変更やキャンセルが過度に続く方。

・一回の施術で完結すると考え、人任せのままで一定の施術を受ける事が困難な方。

・限られてた施術時間を超えても無理な要求をする方。

・保険施術に拘る方(急性期のケガしか保険適応になりません)。

 

 

message_yoroshiku_casual

 

 

・江原鍼灸整骨院.  
・京都市中京区西ノ京御輿ケ岡町10番地
・電話 075-463-8639
・営業時間 9:00~12:00 16:00~19:00(水・土 午前中)

カテゴリ:お知らせ

ebara / 2023年01月19日(木) 08:19

ヨミドクターに下記のような記事がありました。
長引く痛みにお困りの方に、トリガーポイント鍼灸がお役に立てるかもしれません。

首や肩にうずくような鈍い痛み(筋・筋膜性疼痛症候群)悪い姿勢とストレスも原因に⇒https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20210518-OYTET50013/

以下抜粋

ペインクリニックを受診される患者さんに最も多く見られる痛みは、原因不明ないしは心因性とされる慢性痛の多くが、筋肉や筋膜での問題によって起こっているのだ。

筋肉の緊張による局所の虚血(血流の滞り)や乳酸の蓄積が原因となっている。通常、筋肉は収縮、 弛緩(しかん) のサイクルを繰り返すことでその機能を保持しているが、血流の滞りによって血液が十分に供給されなかったり、そのサイクルが正常に回らなかったりすることで痛みが発生する。

筋肉の収縮時には乳酸が産生されるが、収縮が異常に持続すると乳酸が蓄積してしまい、アデノシン三リン酸(細胞のエネルギーの中心的役割を果たす物質)が消費されてアデノシン二リン酸(筋肉の硬直を起こす物質)が産生される。これによって筋肉が硬くなり、痛みの悪循環を引き起こすのである。

 

四十肩-首肩のトリガーポイント

 

・江原鍼灸整骨院.  
・京都市中京区西ノ京御輿ケ岡町10番地
・電話 075-463-8639
・営業時間 9:00~12:00 16:00~19:00(水・土 午前中)

カテゴリ:痛み痺れ

ebara / 2022年12月25日(日) 12:22

先日、トリガーポイント療法一本で施術されている鍼灸師の方とお話をする機会がありました。
その先生のところには、コロナワクチン接種後の体調不良、コロナ感染後の後遺症の患者さんが数多く施術を受けに来られ、良い結果が出ていると言うお話を伺いました。
後遺症等に悩まれる方は、検査や投薬をしても症状が残るので、鍼灸に賭けてみようと思われたのでしょう。
胡散臭く考える方も多いかもしれません。
当院に来られる患者さんの主訴は、痛みを訴え受診される方が殆どです。
しかし、中にはコロナ感染後残る倦怠感や臭覚異常、咳などの症状を併せ持つ方もおられ、主訴の痛みの施術をしている間に、感染後症状も和らいでくる人がいるのは事実です。
コロナ後遺症に対する質の高いトリガーポイント鍼灸のエビデンスは存在しないと思いますが、どんな病気や症状も代謝をあげ血流を良くし、自然治癒力に頑張ってもらうしか無いのです。
リスクも殆どないトリガーポイント鍼灸は、下記図のような症状、特に自律神経的なものに期待できますので、やってみる価値はあるかもしれません。

 

008

71380_20220813154140-1

 

 

・江原鍼灸整骨院.  
・京都市中京区西ノ京御輿ケ岡町10番地
・電話 075-463-8639
・営業時間 9:00~12:00 16:00~19:00(水・土 午前中)

カテゴリ:鍼灸

ebara / 2022年12月17日(土) 08:46

動かすのが良いのか?悪いのか?
下の図のように動かさいと動かなくなる事はわかっていますし、それに伴う新たな問題も発生してきます。
トリガーポイント鍼灸は、筋膜性疼痛症候群(MPS)と呼ばれる痛みを緩和し、体を動きやすい方向へ導くことが出来る施術方法です。

 

 312851582_471960561580529_840076729856378418_n

 

 

・江原鍼灸整骨院.  
・京都市中京区西ノ京御輿ケ岡町10番地
・電話 075-463-8639
・営業時間 9:00~12:00 16:00~19:00(水・土 午前中)
・定休日 日曜日 祭日

 

カテゴリ:痛み痺れ

ebara / 2022年10月31日(月) 14:54

ヘルニア、軟骨のすり減り、背骨の間が狭くなって神経を刺激している etc
上記のような構造破綻モデルだけで、痛みの原因を説明することはできません。
長引く痛みは、下記の7つの理由が関係していると言われています。
案外、長引く痛みは医療従事者の多くが知らない、ありふれた筋膜性疼痛症候群(MPS)と言う痛みなのかもしれません。
筋膜性疼痛症候群(MPS)と呼ばれる痛みには、トリガーポイント鍼施術が良く効く場合があります。

 

その1 痛みに対する不適切な態度と信念
その2 不適切な行動パターン
その3 補償の問題を抱えている
その4 医療者側の不適切な診断や治療態度
その5 情緒的な問題
その6 家族の問題
その7 仕事の問題

 

 

・江原鍼灸整骨院.  
・京都市中京区西ノ京御輿ケ岡町10番地
・電話 075-463-8639
・営業時間 9:00~12:00 16:00~19:00(水・土 午前中)
・定休日 日曜日 祭日

カテゴリ:痛み痺れ

ebara / 2022年10月07日(金) 09:00

日本の筋膜性疼痛症候群(MPS)の治療の第一人者、北原雅樹先生の動画その③です。
ありふれた痛みであるにも関わらず、医療従事者の多くが知りません。
江原鍼灸整骨院.では、筋膜性疼痛症候群(MPS)と呼ばれる痛みに対して、トリガーポイント鍼療法で施術を行っています。

 

 

 

・江原鍼灸整骨院.  
・京都市中京区西ノ京御輿ケ岡町10番地
・電話 075-463-8639
・営業時間 9:00~12:00 16:00~19:00(水・土 午前中)
・定休日 日曜日 祭日

カテゴリ:痛み痺れ

ebara / 2022年10月06日(木) 07:43

日本の筋膜性疼痛症候群(MPS)の治療の第一人者、北原雅樹先生の動画その②です。
このようなありふれた痛みがある事を、医療従事者の多くが知りません。
江原鍼灸整骨院.では、筋膜性疼痛症候群(MPS)と呼ばれる痛みに対して、トリガーポイント鍼療法で施術を行っています。

 

 

 

・江原鍼灸整骨院.  
・京都市中京区西ノ京御輿ケ岡町10番地
・電話 075-463-8639
・営業時間 9:00~12:00 16:00~19:00(水・土 午前中)
・定休日 日曜日 祭日

カテゴリ:痛み痺れ

ebara / 2022年10月05日(水) 07:42

日本の筋膜性疼痛症候群(MPS)の治療の第一人者の北原雅樹先生の動画です。
このようなありふれた痛みがある事を、医療従事者の多くが知りません。
江原鍼灸整骨院.では、筋膜性疼痛症候群(MPS)と呼ばれる痛みに対して、トリガーポイント鍼療法で施術を行っています。

 

 

 

 

・江原鍼灸整骨院.  
・京都市中京区西ノ京御輿ケ岡町10番地
・電話 075-463-8639
・営業時間 9:00~12:00 16:00~19:00(水・土 午前中)
・定休日 日曜日 祭日

カテゴリ:痛み痺れ

ebara / 2022年10月04日(火) 07:40