京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading
江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

日本の痛み医療は欧米よりも20年以上遅れていると言われていますが、少しづつ痛みに処方できる薬の種類も増え、下の図のように痛みの分類も分かりやすく変化しています。
しかし、ありふれている痛みにも関わらず、筋膜性疼痛症候群(MPS)と言う痛みは、医療従事者の多くがその存在を知りません。
故に、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、半月板損傷、腱板断裂 etc の痛みと誤診されているケースがあります。
江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント療法を用いて筋膜性疼痛症候群(MPS)と言う痛の施術をしています。
トリガーポイント療法は安全な施術方法ですので、長引く痛みでお困りの方にお勧めできる施術方法です。

 

 756

 

 

・江原鍼灸整骨院.  
・京都市中京区西ノ京御輿ケ岡町10番地
・電話 075-463-8639
・営業時間 9:00~12:00 16:00~19:00(水・土 午前中)

 

 

カテゴリ:痛み痺れ

ebara / 2024年02月17日(土) 08:35

トリガーポイント施術の目的は、感作(痛みや症状を出している状態)している筋・膜・ファシアなどを見つけ、脱感作(痛みや症状を出さない・出しにくい状態)にすることが目的です。
その為には、私の悪いところはソコ!を見つけ出し施術する必要があります。
痛みは長引くと脳に記憶すると言われています。
記憶された痛みは取れないと考えられていますが、繰り返し施術する事で脱感作する痛みや症状もあります。
ただし、私の悪いところはソコ!に鍼が当たったとしても、一度で脱感作できると言うことではありません。
まずは、私の悪いところはソコ!を見つけ出し施術することがスタートになります。
今抱えている自分の症状が、記憶された痛みなのか?脱感作する痛みなのか?誰も分からないのです。
分からないからこそ、安全な施術が求められます。
当院は、脱感作を目的に鍼以外にも特殊なツールを用いて、安全に施術を行っています。

 

 

 IMG_5626(1)

 

・江原鍼灸整骨院.  
・京都市中京区西ノ京御輿ケ岡町10番地
・電話 075-463-8639
・営業時間 9:00~12:00 16:00~19:00(水・土 午前中)

カテゴリ:鍼灸

ebara / 2024年02月15日(木) 08:04

当院には、遠方からの来院される患者さんがたくさん居ます。
そのような患者さんは、すでに医療機関や代替医療で痛みが良くならない方です。
痛みが長引くと、痛みは脳で記憶されると言う事が研究で分かっています。
下の図のように、慢性腰痛の方の脳は激しく興奮し続けていることが分かります。
このように慢性痛になると、トリガーポイント鍼だけでどうにかなっても、かなりの時間を要します。
慢性痛にならなないためには、痛みをガマンしないことが重要です。
医療従事者があまり知らないけれど、ありふれた筋膜性疼痛症候群(MPS)と呼ばれる痛みは、早期の場合トリガーポイント鍼が良く効きます。
江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント療法を使い、筋膜性疼痛症候群(MPS)と呼ばれる痛みの施術を行っています。

 

 b0052170_00594193

 

 

 

・江原鍼灸整骨院.  
・京都市中京区西ノ京御輿ケ岡町10番地
・電話 075-463-8639
・営業時間 9:00~12:00 16:00~19:00(水・土 午前中)

カテゴリ:痛み痺れ

ebara / 2024年01月31日(水) 08:03

私が腰下肢を患いドクターショッピングをしていた時代よりも、痛みに対するお薬の種類や適応は遥かに増えています。
また、線維筋痛症と言う病気を知っている一般の方も増えたように思います。
しかしながら、2000年に書かれた北原雅樹先生の下の記事(加茂整形外科・心療整形外科ブログ内)を読む限り、筋膜性疼痛症候群(MPS)と言う痛みの存在を知っている医療従事者は少なく、いまだに椎間板ヘルニアを代表とする構造破綻モデルを軸にした診断と治療に変化はありません。
江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント療法を使い、筋膜性疼痛症候群(MPS)と呼ばれる痛みの施術を行っています。

 

慢性痛の陰に筋・筋膜痛・ トリガーポイント療法が奏効 ⇒https://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_34.htm

一部抜粋

組織傷害など明らかな原因がなく,長期にわたって続く慢性痛。
実はそのような痛みの大半は,筋・筋膜痛であり,トリガーポイント療法がよく効くことが分かってきた。
「痛み」は一般に,組織傷害などが原因で起こり,原因が治癒すれば治まる「急性痛」と,原因が不明確で組織の通常の治癒期間(約3力月)を超えても持続する「慢性痛」に分けられる。
両者の診断・治療法は異なるにもかかわらず,医療現場では混同されることが少なくない。
ひどい筋肉の凝が.頭痛や首の痛み,肩,背中の凝り、腰痛となって,何週間,何カ月あるいは何年も続くことがある。
「そのような場合,筋・筋膜痛の可能性が高い」と,帝京大溝口病院麻酔科講師の北原雅樹氏は指摘する。

 

kansetsutsuu_koshi

 

 

・江原鍼灸整骨院.  
・京都市中京区西ノ京御輿ケ岡町10番地
・電話 075-463-8639
・営業時間 9:00~12:00 16:00~19:00(水・土 午前中)

カテゴリ:痛み痺れ

ebara / 2024年01月18日(木) 07:57

ストレスは悪いことだけではありません。
スポーツなどエネルギーや集中力を一気に必要とする場面では、重要な役割を果たします。
しかし、ストレスが長期間続くと脳が変化します。
その影響は脳の大きさや構造、機能から遺伝子レベルにまで及ぶとされています。
慢性の痛みは、大きなストレスになります。
まずは、痛みが慢性化しないようにすることが重要です。
筋膜性疼痛症候群(MPS)と言う痛みは、ありふれていますが医療従事者の多くがその存在を知らない痛みです。
そのため、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などと誤診されているケースもあります。
江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント療法を使い、筋膜性疼痛症候群(MPS)と呼ばれる痛みの施術を行っています。

 

11111

 

 

・江原鍼灸整骨院.  
・京都市中京区西ノ京御輿ケ岡町10番地
・電話 075-463-8639
・営業時間 9:00~12:00 16:00~19:00(水・土 午前中)

カテゴリ:痛み痺れ

ebara / 2024年01月13日(土) 08:13

みなさん、フレイルと言う言葉を聞いたことはありますか?
ご存じの無い方は、下の動画が参考になると思います。

年代別に見た痛みと諸問題:フレイルと痛みとの関係 ①「フレイルって何?」
日本いたみ財団市民公開講座より【令和3年度 一般財団法人 日本いたみ財団 web市民公開講座

 

動かさないと動かなくなることは分かっています。
痛いからと動かさないと、高齢になれば要介護や寝たきりのリスクになります。
トリガーポイント鍼施術は、運動器の痛みに効果を発揮しますので、うまく生活の中に取り入れ体を動かしやすくしましょう。
できれば、トレーニングを併用する事がお勧めです。

 

408555663_6842205295832618_7133121327267748621_n

 

・江原鍼灸整骨院.  
・京都市中京区西ノ京御輿ケ岡町10番地
・電話 075-463-8639
・営業時間 9:00~12:00 16:00~19:00(水・土 午前中)

カテゴリ:医療情報

ebara / 2023年12月14日(木) 08:25

椎間板ヘルニアが腰の痛みの原因であると言う医師は多いです。
実際、そのような診断を受けて投薬や注射をしても改善が見られず、受診される患者さんが後を絶ちません。
ここでは割愛ししますが、神経を押さえて痛みが起きると言う説を証明しようとすると、学問的には矛盾だらけになります。
福島大学医学部の紺野医師は、ヘルニアがあっても腰痛の犯人では無いとテレビで仰っています。
同じ者を診ても診断が違うのはなぜ?
日本の痛み医療は欧米より20年以上も遅れていると言われています。
痛みは、トリガーポイント、筋膜性疼痛症候群(MPS)だけでは説明できませんが、筋膜性疼痛症候群(MPS)と言う痛みは、ありふれていますが医療従事者の多くがその存在を知らない痛みです。
そのため、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などと誤診されているケースもあります。
江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント療法を使い、筋膜性疼痛症候群(MPS)と呼ばれる痛みの施術を得意としています。

 

b0052170_01374836

 画像は心療整形ブログより転載。

 

・江原鍼灸整骨院.  
・京都市中京区西ノ京御輿ケ岡町10番地
・電話 075-463-8639
・営業時間 9:00~12:00 16:00~19:00(水・土 午前中)

カテゴリ:痛み痺れ

ebara / 2023年12月06日(水) 07:48

この時期、体調を崩されている患者さんが多くなっています。
私もその一人です。
寒暖差が大きいと、体の機能を維持する為に自律神経の働きにも負荷がかかりますので、痛みや不定愁訴の悪化に繋がります。
また、この時期日照時間も短くどんよりとした天気が続くことも多いので、セロトニンが不足気味になり気分も落ち込みます。
ストレスは人間関係だけでなく、寒暖差による肉体的ストレス、症状自体が大きなストレスにもなります。
簡単に自分でできることは、午前中に太陽の光を浴びセロトニンを増やす事や、体を冷やさないよう(お腹にカイロを貼る、重ね着をするなど)にすることです。
トリガーポイント鍼は副交感神経を優位にし、血流が増すことで代謝が良くなり、自然治癒力を活発にする事が期待できます。

 

 aacefc0eafae480c664252e2e4fdefc1

 

 

・江原鍼灸整骨院.  
・京都市中京区西ノ京御輿ケ岡町10番地
・電話 075-463-8639
・営業時間 9:00~12:00 16:00~19:00(水・土 午前中)

カテゴリ:痛み痺れ

ebara / 2023年11月30日(木) 15:34

戸田克広先生(正しい線維筋痛症の知識)の普及を目指して!

https://www.carenet.com/conference/qa/autoimmune/mt110927/index.html

線維筋痛症は人口の2%と言われていますが、多くは腰痛症や肩こりから慢性局所痛症(chronic regional pain: CRP)や慢性広範痛症(chronic widespread pain: CWP)を経由して発症すると言われ、発症するまで通常10~20年かかると言われています。
線維筋痛症は中枢性感作と呼ばれる状態であり、このような状態になると薬や鍼灸などを使っても、生活が立ち行かなくなる場合があります。
腰痛や肩こりから線維筋痛症によっくり移行する場合もあり、腰痛を侮る事無く早めに芽を摘むことが重要です。
江原鍼灸整骨院.は、腰痛や肩こりを始めとする筋膜性疼痛症候群(MPS)と言う痛みを、トリガーポイント鍼を使って施術しています。

 

dr_toda_img01

 

 

・江原鍼灸整骨院.  
・京都市中京区西ノ京御輿ケ岡町10番地
・電話 075-463-8639
・営業時間 9:00~12:00 16:00~19:00(水・土 午前中)

カテゴリ:痛み痺れ

ebara / 2023年11月13日(月) 08:01

11月7日、カズレーザーと学と言う番組で、ファシアの特集がありました。
⇒https://www.ntv.co.jp/kazu/

ファシアと筋膜の違いを、私が所属する日本整形内科学会のWEBサイトより引用します。
⇒https://www.jnos.or.jp/for_public

ファシアは、筋、腱、靭帯、皮下組織などの線維性の構造全てを含む言葉である。
ファシア(Fascia)とは「膜」のことであり、臓器、骨、筋肉、脂肪、靭帯、血管、神経などの組織を覆う膜の総称です。
筋膜リリースでおなじみの「筋膜」もファシアの一つです。
ファシアはすべての組織同士を分割し、かつ連結させています。
ファシアが体を滑らかに動かしたり、支えたりしているおかげで、私たちの身体はいろいろな動きをすることが出来るのです。

  •  ファシア:全身にある臓器を覆い、接続し、情報伝達を担う線維性の網目状組織構造。臓器の動きを滑らかにし、これを支え、保護して位置を保つシステム。
  • 筋膜:個々の筋線維、筋肉または筋肉群を包み、互いを分割および連結する線維性組織。筋や関節の動きを滑らかにしつつも、これらを制御して位置を保つ。

筋膜もファシアの一つですから、治療は当院で行うトリガーポイント鍼で施術可能です。

 

af7fb79b039696f8896143778a63203e

 

 

・江原鍼灸整骨院.  
・京都市中京区西ノ京御輿ケ岡町10番地
・電話 075-463-8639
・営業時間 9:00~12:00 16:00~19:00(水・土 午前中)

カテゴリ:鍼灸

ebara / 2023年11月08日(水) 08:17