京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading
江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

腰部脊柱管狭窄症 - 傷病名

腰椎内部の神経の通路である脊柱管が狭くなることにより、神経組織が圧迫されて症状が出現する病気と言われています。
主な症状は間欠性跛行と呼ばれ、しばらく歩くと脚が痛くなったり、しびれたり、こわばったりして歩くことができなくりますが、しゃがんだり座ったりすると症状はすぐになくなり、また歩いたり立ったりできるのが特徴です。

 

私は、腰部脊柱管狭窄症には、次のような治療をします。

神経が圧迫されてと言われますが、矛盾も多く、そもそも、神経を押さえつけると痛みが出るのでしょうか?
足の裏の神経は、地面に押し付けられていますが、痛みを感じません。
痛みの原因は、神経ではなく、筋肉なのかもしれません。
(排尿障害など麻痺の症状を呈するものは、手術が必要なものもあります。)
痛みの原因の多くは、レントゲンやMRIなどの画像には写らない、筋肉の機能不全、トリガーポイントが大きな要因です。
腰部脊柱管狭窄症の痛みの場合、感じているところには原因がない関連痛の場合が多く、関連痛の理解がないと、的確な治療が行えず、長引く痛みはなかなか良くなりません。
また、関連痛が生じると、痛みを感じているエリアの筋肉にも、新たなトリガーポイントが発生しますので、二次的なトリガーポイントの発生によって、またこのトリガーポイントが関連痛を起こし始めるという複雑な痛みの構図が出来上がりますので、筋膜性疼痛症候群(MPS)、の考えに基づき、悪くなっていると考えれる筋肉、専門用語で罹患筋(りかんきん)と呼びますが、それを見つけ出し、罹患筋の中にできたトリガーポイントを治療します。
また、痛みに限らず、患者様が訴える痛みや症状には不安や恐怖が大きくかかわっています。
この不安や恐怖が無くなった時に、人は自然治癒力を最大限に発揮できる状態になると考えますので、痛みが再発しにくいように、メンタルケア、生活習慣などの指導を行います。

トリガーポイント療法は、貴方が気づいていない病変部を探し、そこを治療する画期的な治療法です。 

下の図のように、 赤いエリアが痛いと思う場合でも、実際は×のマークが痛みの発生源ですので、そこの治療が必要です。このような現象を関連痛と呼びます。

【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】

下の画像は、トリガーポイントを治療する際に使用する鍼や専用のツールです。

下記は、実際に腰部脊柱管狭窄症と診断された方の治療例です。

 

http://www.ebara-acupuncture.com/archives/7706

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

メールでのお問い合わせ⇒メールフォーム

ebara / 2014年02月05日(水) 18:33