京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading
江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

腰痛とトリガーポイント - 症例報告

一口に言っても腰痛の原因は様々ですが、多くは、筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)と呼ばれるものだと思います。では、そのMPSの原因はと聞かれれば、様々な要因が絡み合っているとしか言えません。

30歳代の女性の患者さん、前屈するときや、いきむ時に(腹に力を入れる)痛みが出ます。

年末から痛かったそうですが、小さい子供から目が離せず時間が取れず、風邪も重なっていたので、たまりかねて昨日来院されました。罹患筋としては大腰筋がメインのような気がします。その筋肉に軽く鍼をした後、風邪も引いていたと言う事から、腹を診てみました。気になるところを内臓のマニュピレーションを加えて様子を見てもらいました。

その日の午後、ワイフが近くのスーパーでバッタリ会ったそうですが、腰痛も取れた上に、数日前からゲップが出そうで出なかったのだが、治療後はゲップもたくさん出て、お腹がすごくポカポカして大変楽になったと仰っていたそうです。

腰痛が内臓の働きとどう関係しているかは定かではありませんが、内臓の働きを活発にしてあげるだけで好結果が出る場合があるのは、まぎれもない事実です。暴飲暴食は内臓に大変負荷をかけている訳ですから、年末年始のツケがここに来て出ているのかもしれませんね。

 

トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.は、上記のような痛みや症状以外にも、筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)、筋痛症の患者様が多数来院される治療院です。

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
 円町、大将軍、白梅町、等持院、花園、西ノ京、太秦、鳴滝、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

メールでのお問い合わせ⇒メールフォーム

カテゴリ:症例報告 ,腰の痛み

ebara / 2010年01月16日(土) 15:19