京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

四十代女性のAさんは、九年前にぎっくり腰を起こしてから、常に腰に鉛が張り付いたように痛く、無理をすると、またあの酷い腰痛に襲われるのではないかと、一人で外出が出来なくなるなど、動作恐怖を覚え、引きこもりのような状態になっていたそうです。
整形外科、接骨院、マッサージ、整体、鍼灸、色々試したそうですが、その時は少しは良くなるそうですが、すぐに元に戻るそうです。
腰痛の事をインターネットで検索すると、トリガーポイントと言う言葉を見かけるようになり、もう一度だけ、頑張ってみようと思い、当院に、ご家族と一緒に来院されました。
初診時、除外診断が済んでいる事や、整形外科テスト、超音波エコー検査に問題は無く、Aさんの腰痛は、痛みへの不安恐怖と関係が深い痛みと判断し、施術に入りました。
腰・臀部を中心、触診と鍼先で丁寧に探しながら施術し、最終的に右の腰方形筋を施術しました。
他府県から、ご家族に連れてきてもらうため、二週間に一回程度の頻度の施術でしたので、簡単な認知行動療法を宿題に出し、それを日常生活で行ってもらいました。
三回目の施術後から、痛みが半減している事を実感し、七回の施術が終了時点で、一人で来院できるまでに回復、寛解と呼べる状態にまでなった症例です。

 

その他の施術例⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/waist

 

赤いマークを中心に施術

 

1478456

 

★下の動画は、超音波エコーガイド下鍼の動画です。
今回の症例とは関係ありませんが、超音波エコーガイド下鍼なら、危険な部位でも安全を担保しながら鍼施術が行えます。
ただし、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:腰の痛み

ebara / 2017年12月27日(水) 07:39

五十代男性のAさんは、仕事上、外で立っての作業が多く、慢性的な腰痛に悩まされていました。
特に寒い日になると腰痛が酷くなり、仕事に支障が出て困っていたそうです。
痛みが強くなると、整形外科や整骨院を受診して、マッサージや薬でしのいでいたそうです。
知り合いに鍼を勧められ、インターネットで検索し、当院を受診されました。
初診時、除外診断が済んでいる事や、整形外科テスト、超音波エコー検査に問題が無いことを確認し、
腰・臀部を中心、触診と鍼先で丁寧に探しながら施術し、最終的に大殿筋の上部を施術した結果、五回の施術終了時点で、十年ぶりに腰の痛みなく仕事ができるまでに回復した症例です。

 

その他の施術例⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/waist

 

赤いマークを中心に施術

 

132546

 

 

 

★下の動画は、超音波エコーガイド下鍼の動画です。
今回の症例とは関係ありませんが、超音波エコーガイド下鍼なら、危険な部位でも安全を担保しながら鍼施術が行えます。
ただし、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

カテゴリ:腰の痛み

ebara / 2017年12月21日(木) 12:09

二十代女性のAさんは、介護の仕事をされていますが、ここ数年腰痛に悩まされていました。
痛みが酷い時は、施設の中を車椅子を使い移動していたそうです。
整形外科・整体・整骨院を受診しても、悪い所は無い、筋肉の炎症だから安静にするように、骨盤が歪んでいる etc
色々な事が言われるだけで、徐々に腰痛は悪化していったそうです。
介護をする立場でありながら、介護をしてもらう方に、逆に気を使わせることが情けなく、当院を受診されたときには、真剣に離職を考えていたそうです。
初診時、問診や整形外科テスト、超音波エコー検査を行った結果、問題は無く、作業関連や運動考察から、腰・臀部を中心、触診と鍼先で丁寧に探しながら施術した結果、初回の施術で痛みが半分程度まで良化しました。
最終的に右の腸肋筋の腸骨付着部を施術し、6回の施術終了時点で、Aさんの実感として、痛みの95%が消失したそうです。
これで、好きな介護の仕事を続けられると喜んでいただけた症例です。

 

その他の施術例⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/waist

 

赤いマークを中心に施術

 

74125 

 

★下の動画は、超音波エコーガイド下鍼の動画です。
今回の症例とは関係ありませんが、超音波エコーガイド下鍼なら、危険な部位でも安全を担保しながら鍼施術が行えます。
ただし、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

 

カテゴリ:腰の痛み

ebara / 2017年12月16日(土) 08:53

四十代男性のAさんは、昔、高校野球で腰を痛めてから、軽い時は鈍痛程度、酷い時はイスに座っているのも、寝ているのも辛く、一日中、腰がすっきりすることがないと言う、慢性腰痛の状態でした。
今迄に、何件もの整形外科で、骨には異常ない、軽いヘルニアはあるが、手術するほどでもないと言われたそうです。
整体、カイロプラクティック、整骨院、鍼灸、あらゆるものを試したそうです。
しかし、効果を感じず、治療することを諦めていたそうです。
それでも、一生この腰痛と付き合っていかなければと思うと、酷く気分が落ち込んだそうです。
痛みのために、ここ何十年も、仰向けに寝ることはできず、最近は、寝ているときに下になった肩も痛くなりだし、少しでも痛みが和らがないかと思い、当院を受診されました。
初診時、問診や整形外科テスト、超音波エコー検査を行った結果、問題は見つかりませんでした。
腰・臀部を中心、触診と鍼先で丁寧に探しながら施術し、最終的に多裂筋に出来を施術した結果、8回の施術終了時点で、Aさんの感覚では、痛みの9割が軽減し、日中に痛みを感じない時間帯が増え、数十年ぶりに仰向けに寝られることが可能になったそうです。
このように、何十年ものの慢性腰痛は、脳の責任として放置されたり、安易に向精神薬での治療が行われる可能性がありますが、当院の施術で、痛みが大幅に改善する可能性があります。

 

その他の施術例⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/waist

 

赤いマークを中心に施術

 

1364 

 

 ★下の動画は、エコーガイド下鍼の動画です。
今回の症例とは関係ありませんが、超音波エコーガイド下鍼なら、危険な部位でも安全を担保しながら鍼施術が行えます。
ただし、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

 

 

カテゴリ:腰の痛み

ebara / 2017年12月14日(木) 08:52

四十代女性のAさんは、お風呂の浴槽を掃除をしている時に左腰に激痛が走り、動けなくなり、家族に抱えられ病院を受診。
腰に注射をしてもらい、痛み止めを処方されたそうですが、あまり痛みに変化はなかったそうです。
椎間板ヘルニアからの痛みの可能性があると言われ、MRI検査の予約をしたそうですが、痛みの為に仰向けに寝ることが出来ず、検査は先送していると言うお話でした。
ぎっくり腰になる以前から、軽い腰痛はあったそうですが、お風呂に入れば、大概の場合は良くなるくらいの腰痛で、今回のような強烈な痛みは初めての経験で、このまま動けなるのではないか、椎間板ヘルニアで手術しないといけないのではないか etc
色々と考えだすと、不安と恐怖で呼吸が速くなり、痛みが強くなるともお話されました。
そこで、超音波エコー検査を行い、一緒にモニターを見ながら、ぎっくり腰の痛みは、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントと考えられるので、治療するれば良くなること。
ヘルニアと痛みは無関係である事、不安や恐怖は痛みを強化してしまう事、安静にすることよりも出来る範囲で動くことが早期回復に繋がる事、etc
不安を取り除き、深くリラックスできている事を確認してから、施術に入りました。
問診・触診から、左側の腰方形筋、腸肋骨筋、腸骨筋、大腰筋、臀部の筋 etc
活性化したトリガーポイントを中心に、触診と鍼先で丁寧に探しながら施術したところ、初回の施術で、7割程度の痛みは良化。
二日後に来院してもらい、同様に施術をした結果、更に良化し、仰向けに寝ることが出来、仕事に復帰できそうと言うお話でしたので、略治とした症例です。

 

その他の施術例⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/waist

 

赤いマークを中心に施術

 

127832 

 

★下の動画は、エコーガイド下鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありませんが、必要に応じて、エコーガイド下鍼施術を行います。

 

 

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:腰の痛み

ebara / 2017年11月08日(水) 07:28

三十代男性のAさんは、前かがみで靴を履いて起き上がろうとした際に、ぎっくり腰になって動けなくなったそうです。
慢性的な腰痛があり、毎年のように一年に一回は、ぎっくり腰で動けなるそうです。
そのような時は、整形外科で仙骨にブロック注射をしてもらい、なんとかしのいでいると言うお話でした。
今回、江原鍼灸整骨院.へは、自力では歩けず、家族に両脇を抱えられながら、受診されました。
特に右側の痛みが酷く、腰は全く伸びず、無理に伸ばしたり捻ったりすると激痛で、脂汗が出てくると言う状態でした。
超音波エコー検査を行いましたが、問題は無く、問診・触診から、右側の大腰筋、多裂筋、腸骨筋、臀部etcの筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントと考え施術に入りました。
活性化したトリガーポイントを中心に、触診と鍼先で丁寧に探しながら施術した結果、一度の施術で、自力歩行ができるまでに良化。
二日続けて施術をした結果、やや痛みは残るものの、日常生活は、問題なく過ごせそうと言う事でしたので、略治とした症例です。

 

その他の施術例⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/waist

 

赤いマークを中心に施術

 

5468 

 

★下の動画は、エコーガイド下鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありませんが、必要に応じて、エコーガイド下鍼施術を行います。

 

 

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:腰の痛み

ebara / 2017年11月02日(木) 07:58

下の論文にもあるように、腰の手術を重ねると良くなるどころか、帰って悪化してくケースが多い事が示されています。
当院にも、腰の手術を二回したけれど、逆に痛みが酷くなったと言う、高齢の女性の患者さんが通院されてますが、確実に痛みを手放されています。
当院で行う施術は、リスクのある治療ではありませんので、手術を受ける前に、治療の選択肢のひとつに選ばれるように、情報発信を続けたいと思います。


TMSジャパン
のMLより

■腰痛疾患で再手術を受けた患者179名を対象とした研究によると、手術の成功率は2回目で45%(20%は悪化)、3回目では25%(25%は悪化)、4回目では15%(45%は悪化)あることが判明。最初の手術が最後のチャンス。http://1.usa.gov/QMz2p0

再手術によって症状が改善しない見込みが50%以上あると聞かされても患者は手術を選択するでしょうか?
医師自身が患者だったらこれほど確率の低い賭けに乗るでしょうか? だからこそ腰椎手術は最初の手術が最後のチャンスだといわれるのです。

 

下の図のように、腰部や臀部にできたトリガーポイントを中心に施術。

 

74125

 

下の動画は今回の症例とは関係ありませんが、胸と腰の境界付近の超音波エコー鍼の様子です。
超音波エコーガイド下鍼は、危険を伴う部位でも安全に鍼施術を行うことが可能です。
注:全ての患者様に、超音波エコーガイド下鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

カテゴリ:腰の痛み

ebara / 2017年02月25日(土) 07:43

ぎっくり背中の痛みで来院された40代男性の症例です。
一通り背中の治療を済ませ、体を動かしてもらうと、背中の痛みは良化しましたが、左腰の痛みが顕在化したと言う事でした。
そこで、エコーで患者さんと確認しながら、トリガーポイント鍼灸を行いました。
下の動画は、第4腰椎の約2センチ左外側の最大圧痛点に鍼をした時の様子です。。
鍼先の確認は困難だとおもいますが、鍼に突かれた白い筋膜がモゾモゾ動くのが確認できると思います。
その時に、私の悪い所はソコ!と言う認知覚が発生しました。
ぎっくり背中の症状でお困りの方に、当院の施術が、お役に立てるかもしれません。

 

 

カテゴリ:腰の痛み

ebara / 2015年11月10日(火) 15:01

30代後半の女性が、インターネットで検索されて来院されました。
主訴は腰痛ですが、ぎっくり腰と言えるくらい酷いもので、腰を90度に曲げたまま、痛みの為に全く腰を伸ばすことができません。
徒手検査、問診などから、筋・筋膜性疼痛症候群と判断し治療を開始しました。
問診では、腰の下の方が全体に痛いと言うお話でしたが、右の第3~4腰椎の高さ横の最長筋と多裂筋の間に、活性化したトリガーポイントが見つかりました。
置鍼20分と手技治療を加え、その際反応が強い所を、単刺(鍼を入れてすぐに抜く)を行いました。治療後は、腰もまっすぐに伸ばすことができるようになりましたので、一回の治療で略治とした症例です。
患者さんは、長年腰痛持ちだったそうですが、ここまで酷くなったのは5回目で、整体と名の付くところも色々行ったが効果を感じられなかった。
鍼は痛いものと言う先入観から、恐かったけれど藁をもすがる思いでトリガーポイント鍼を受ける気になった。実際に体験してみるとその効果にビックリした。
悪い所に鍼が当たると、まさに自分の痛む場所はソコ!と言う感じで、鍼は痛いものではなかった。これならば、もっと早くやれば良かったと言う感想をいただくことができました。

主に下のような太さの鍼を使用します。ボールペンの先と比べると鍼の細さがわかるでしょうか?(すべて使い捨ての鍼を使用します。)

 

カテゴリ:腰の痛み

ebara / 2014年09月19日(金) 08:47

あるスポーツ競技をしている学生さんが、インターネットで検索され来院してくださいました。
腰を痛め整形外科を受診。
伸展、回旋は問題ない。
前に屈めると痛い。
ズボン、靴下を履くのが辛い。
医師はレントゲン検査異常なし、診断は急性期の腰の炎症。
腰の筋肉の炎症だから、血流をよくしなさいと指導してくれたそうです。
そこで、整形外科の帰り道に、私の院に来て下さりました。もらった薬を見せてくださいましたが、ロキソニンの後発薬(ジェネリック)と胃薬でした。

トリガーポイント療法で治療をしたら、すぐに楽になりました。
患者さんが訴える痛みの原因が、急性期の炎症ならば、徒手療法でよくなるのでしょうか?

t02200275_0220027512980052375
 

 

 

カテゴリ:症例報告 ,腰の痛み

ebara / 2012年12月17日(月) 18:16