京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

NMDA受容体 - 治療室日記

悩ましい慢性痛

痛みの概念が少しづつ変わり始めています。

慢性痛の発生メカニズムにNMDA受容体が関与しているようです。

NMDA受容体で検索しても、なかなかわかりやすく説明されているものがありません。

なぜ、慢性痛になるのか?

NMDA受容体はどのようなものなのか?

どのような役割をしているのか?

私がいつも痛みの事を学ばせてもらっている、m_chiro先生のブログ「脳‐身体‐心」の治療室の記事「痛み学・NOTE」26. 神経因性疼痛の機序と舞台の中に、私が知りたいことがわかりやすく書かれていますので、備忘録として書き留めておきたいと思います。

痛みを扱う医療従事者であれば、知っておきたいメカニズムです。

カテゴリ:痛み痺れ

ebara / 2010年10月07日(木) 00:01