京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

トリガーポイント鍼の鎮痛メカニズム - 治療室日記

http://junk2004.exblog.jp/12033878

器質的・機能的

記事より、トリガーポイント鍼の鎮痛メカニズムの図をお借りしました。

痛みと鎮痛の基礎知識より抜粋

軸索反射による神経性炎症→

軸索反射とは、反射経路が1次求心性神経の軸索のみで生じる反射である。

侵害受容器で発生した興奮は、脊髄終末部に伝わるだけではなく、軸索分岐部から他の分枝にも逆行性に伝わり、末梢終末からP物質やCGRPが放出され、これらは付近の血管や白血球などに働き、様々な変化を引き起こす。

 

抜粋終わり。

ポリモーダル受容器が効果器としても働いたと言う事ですね。

もちろん、痛みはソフトの問題ですから、何も感じないようなバイオネックスや、遠隔治療、操体法etc

どんなものでも効果がでる可能性がある訳です。

言いかえれば、上記のようなメカニズムがなくてもよい訳です。

 

カテゴリ:痛み痺れ

ebara / 2010年10月08日(金) 17:25