京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading
江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

喘息と肋骨角部のトリガーポイント治療 - 症例報告

40歳代の男性の患者さん。

数ヶ月前から、就寝時、背部か腰部か自分でもはっきりしないが、電撃痛のような痛みに襲われ、数か所の病院で、MRIやレントゲン検査を受けるも異常なし。

痛みは、どの方向へ躯幹を運動させても、増悪や誘発すると言う事はなく就寝時突然起こり目が覚めるようです。同時に異様に腹筋がパンパンになるとも仰ります。皮膚の状態から気になったことがあったので、尋ねてみると、喘息の治療をしておられる事がわかっりました。そこで、腸肋筋の付着部の肋骨角に刺鍼をすると、あ~そこですと言う認知覚と呼ばれるポイントがありました。

修業時代、トリガーポイントと言う概念はありませんでしたが、胸が痛いので狭心症の検査をするも異常なし。このような患者さんの背部の筋肉を緩めると、そのような発作が起こらなかったり、ずいぶんマシになると言う経験を幾度もしてきました。その時は、単にア是穴に鍼を打つだけで、筋肉の事など考えていませんでしたが、それなりに効果がありました。

昨日も、ここ数日風邪で体調を崩し、持病の喘息が頻繁に起こるようになった、60歳代の女性の患者さんが、おみえになりました。同じく、肋骨角を押さえると、あ~そこそこと言う認知覚が起こりましたので、丁寧に処置すると、呼吸がとても楽にできるようになったと、喜んでお帰りになりました。

上のような症状は他にも、大胸筋、前鋸筋、etc があげられますが、女性が患者さんの場合、大胸筋や前鋸筋は、デリケートな場所ですから、アプローチできない場合があります。

私がおこなう鍼施術の場合は肋骨角が一番簡単です。浅い刺鍼ですみますし、骨に当てて止める事で、気胸の心配なく安全に施術する事ができますので、第一選択肢に前述したような筋肉からアプローチする事が多いです。徒手治療でも、肋骨角は簡単に探れますので、簡単に応用できますね。

前鋸筋

2が肋骨角

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
 円町、大将軍、白梅町、等持院、花園、西ノ京、太秦、鳴滝、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

メールでのお問い合わせ⇒メールフォーム

カテゴリ:症例報告 ,その他の痛み

ebara / 2010年10月16日(土) 12:34