京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

二十代後半女性のAさんは、幼いころから、体調がすぐれない時が多く、学校もよく休んでいたそうです。
成人してからは、身体のアチコチが痛くなるようになってきたそうです。
複数の整形外科では、特に異常は無いと言われ、心療内科で投薬、カウンセリングを受けるも、調子が悪い日が多く、日常生活に支障が出ていました。
ネットで天気痛と言う、痛みや症状があることを知り、アプリを使ってみたところ、気圧の変動に伴い、自分の症状が変わる事に気付いたそうです。
そこで、身体の治療も加えてみようと思い、当院を受診さました。
問診から、筋膜性疼痛症候群(MPS)の症状が酷い場所は、トリガーポイントが脱感作するように、それ以外は、副交感神経がが優位になり、リラックスでき、血流が良くなるように施術を加えました。
身体を動かして行く事の重要性など、対話を試みながら、週一回の施術を一月半つづけました。
その時点で、全身の痛みや不定愁訴が、とても軽くなったと言うお話でした。
鍼灸は、多くの場合自費となり、患者さんの経済的負担も増えますが、その分、施術時間を長くかけられるメリットがあり、施術を加えながら、対話や生活習慣の改善策などを提案する事ができます。
以降は、二~四週間に一回程度の施術を継続していますが、年中で一番調子が悪くなる梅雨時期も、今までにないくらい良い体調で過ごせていると言う報告をいただきました。
Aさんの場合、急性痛と呼ばれる痛みではなく、慢性痛としての治療が必要でしたが、残念な事に、医療従事者の多くが、慢性痛についての知識を持ち合わせていません。
慢性痛の施術の一つとして、当院での施術を加えることで、天気痛と呼ばれる症状や不定愁訴が和らぎ、生活の質が大きく向上した症例でした。

 

赤いマークを中心に施術

 

6543

 

Aさんが訴える痛みは、急性痛と呼ばれる痛みではなく、慢性痛としての治療が必要でした。

 

b0052170_23424217

 

★下の動画は、超音波エコーガイド下鍼の動画です。
今回の症例とは関係ありませんが、超音波エコーガイド下鍼なら、危険な部位でも安全を担保しながら鍼施術が行えます。
ただし、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

カテゴリ:その他の痛み

ebara / 2018年07月06日(金) 08:45

四十代女性のAさんは、数年前から、思い当たる原因も無く、頭痛や体中が痛くなり日常生活に支障が出始めたそうです。
整形外科では、MRI検査結果から異常が無いので、精神的なものでは無いかと言われ、ここでは治療できないと言われたそうです。
他科では、疼痛性障害と診断され、投薬治療を受けていたそうですが、眠気や頭がボーッとするなどの副作用が強く、ペインクリニックで注射を受けるも、うまく痛みをコントロールできないそうです。
ある日、偶然テレビで天気痛の特集のようなものを見たAさんは、自分の症状がそっくりであることに気付いたそうです。

天気痛とは⇒https://zutool.jp/column/basic/

気圧の変化を知らせるアプリを使い、自分なりの対処法も身に着けておられました。
Aさんは、ツボや気を整えるような感じの鍼治療にも、数軒通ったことがあるそうですが、思うように症状が改善しなかったそうです。
インターネットで検索する間に、筋膜やトリガーポイントの鍼なら違う効果が得られるのではと思い、当院を受診されたのが、四月の終わり頃でした。
問診では、筋膜性疼痛症候群(MPS)以外に、除外しておく必要がある疾患は見当たらなく、施術に入りました。
週一回の施術で、四回目の施術終了後、いつも感じていた、頭が締め付けられるような頭痛や、全身の痛みが軽くなったと言うお話で、二カ月目からは、二週間に一回程度の施術を継続しました。
六月末時点の感想は、いつも梅雨時期は一年で一番調子が悪く、寝込むこともあったが、当院での施術を始めてから、症状が気にならない日も多くなり、今年の梅雨は、寝込むことは一度もなかったと、嬉しい報告をいただきました。
Aさんの場合、薬の副作用が強く、うまく痛みをコントロールする方法がありませんでしたが、当院での施術を加えることで、天気痛と呼ばれる症状が和らぎ、生活の質が大きく向上した症例でした。

 

 顔面・体幹のトリガーポイントを中心に施術

23654

Aさんが訴える痛みは、天気痛とも下図のような痛みとも解釈できます。
いずれにしても、痛みの本態は、画像には写りません。

b0052170_23424217

★下の動画は、超音波エコーガイド下鍼の動画です。
今回の症例とは関係ありませんが、超音波エコーガイド下鍼なら、危険な部位でも安全を担保しながら鍼施術が行えます。
ただし、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

カテゴリ:その他の痛み

ebara / 2018年06月29日(金) 08:15

三十代女性のAさんは、天気痛と言う痛みで悩まされていました。

天気痛とは⇒https://zutool.jp/column/basic/

主に痛みは頭痛やめまい、全身の痛みとして現れ、処方された向精神薬を飲んでも、痛みをうまくコントロールする事ができず、日常生活に大きな支障が出ていました。
当院へは、ギックリ腰で来院されたご家族が、当院の施術で劇的に良くなったのを見て、自分の天気痛にも効果があるのではと感じて、受診されました。
問診では、継続的に医師の基で薬も処方されていることや、筋膜性疼痛症候群(MPS)以外に、除外しておく必要がある疾患は見当たりませんでした。
エコー検査では、僧帽筋上部の動きが悪くなっていることを、モニターを使って、Aさんに確認してもらいました。
一度目の施術翌日から、気圧が大きく変動したにも関わらず、頭痛やめまいも起こらず、二回目の施術時点でも、頭痛やいつも感じていた全身の痛みが軽くなったと、大変喜んでおられました。
施術は、顔面、肩背部のトリガーポイントを中心に行いました。
Aさんの場合、訴える痛みに効果的な薬が無く、痛みをコントロールする方法が無かったようですが、当院での施術をうまく使えば、生活の質が大きく上がると考えられる症例でした。

 

1247

 

 

Aさんが訴える痛みは、天気痛とも言えるでしょうし、下図のような痛みとも解釈できます。

 

b0052170_23424217

 

★下の動画は、超音波エコーガイド下鍼の動画です。
今回の症例とは関係ありませんが、超音波エコーガイド下鍼なら、危険な部位でも安全を担保しながら鍼施術が行えます。
ただし、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

カテゴリ:その他の痛み

ebara / 2018年06月27日(水) 12:10

三十代女性のAさんは、仕事上細かな作業が多く、左目の奥からこめかみにかけて痛みが頻繁に起こり、数年前から、市販の頭痛薬に月の半数は頼ると言う生活を送っていました。
ネットで頭痛について調べると、薬物乱用性頭痛と言うワードが目につき、一年ほど前に頭痛外来を受診し、加療中だそうです。
しかし、頭痛外来で処方される薬を飲んでも痛みが辛いこと、なるべく薬を飲みたくないことから、江原鍼灸整骨院.を知人の紹介で受診されました。
施術に入る前に、頭痛外来での薬の処方は、今のAさんには必要なものであり、痛みの悪循環を止めることが最優先であり、自己判断で、薬を勝手にやめない事を約束してもらい、施術に入りました。
週一回のペースで、肩背部、顔面にできた、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントを丁寧に触診しながら、鍼施術を加えました。
約二カ月の間に八回施術が終わった時点で、六回目の施術以降、頭痛や目の奥の痛みは起こらず、頭痛外来の医師とも、薬を減らす方向で治療計画が進んでいると、嬉しそうにお話をしてくれました。
長らく頭痛外来で治療しても、うまくコントロールできなかった頭痛に、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントの施術を加えて、良くなった症例です。

 

その他の施術例⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report

 

赤いマークを中心に施術

 

78965 

 

★下の動画は、エコーガイド下鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありませんが、必要に応じて、エコーガイド下鍼施術を行います。

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:その他の痛み

ebara / 2017年11月14日(火) 07:01

二十代女性のAさんは、疲れてくると右のこめかみ辺りが痛くなり、薬に頼る生活を送っておられました。
また、仕事でパソコンを使う作業が多く、首のこりは常時感じていて、朝起きた時が一番つらく、動かしている間に少し楽になると言うものでした。
江原鍼灸整骨院.を受診された際は、自力歩行で来院された事、問診や検査から、レッドフラッグと呼ばれる疾患は無く、頭痛や首痛の要因の一つに、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントが、大きく関わっていると判断して、施術に入りました。
仕事が休みの土曜日に、週一回のペースで六回施術をした結果、四回目の施術以降、頭痛は起こらず、起床時の首の痛みも、九割方良くなったと言うお話でしたので、略治とししました。
やはり、Aさんの頭痛の正体は、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントと呼ばれる、緊張性頭痛であったと思われる症例でした。

 

その他の施術例⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report

 

赤いマークを中心に施術

 

1234765 

 

★下の動画は、エコーガイド下鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:その他の痛み

ebara / 2017年11月06日(月) 07:42

四十代女性のAさんは、仕事でのパソコン業務も多く、慢性的な頭痛に悩まされていました。
また、眼精疲労や肩こりも酷く、絶えず肩に石が乗っているような感じだったそうです。
頭痛が酷くなると、吐き気やめまいも起こり、寝込むことがあるそうです。
最近では、よく効いていたロキソニンが効かなくなり、脳の病気ではないかと不安にになり病院を受診。
検査結果では、脳には異常は無く、緊張性の頭痛と言う診断で、頭痛外来の受診を勧められたそうです。
江原鍼灸整骨院.を受診された際は、問診や除外診断が済んでいる事などから、緊張性頭痛の要因の一つに、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントがあるのではないかと考え、施術に入りました。
二週間に一回のペースで施術をした結果、七回の施術を終わった時点で、一月半ほどは頭痛は無く、眼精疲労も気にならず、肩こりも、重しが取れたように軽くなったと言う状態まで良化したので、略治とした症例です。

 

その他の施術例⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report

 

赤いマークを中心に施術

 

43258

 

★下の動画は、エコーガイド下鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:その他の痛み

ebara / 2017年11月01日(水) 07:40

三十代女性のAさん、二年程前に虫歯の治療で長く口を開けてから、左顎が痛くなりだしたそうです。
症状は、気にならない時もあれば、酷い時は、物が噛みしめられないくらい痛むような状態だそうです。
違う歯科医院では、歯並びに原因があると言われ、自費での歯列矯正を勧められたそうです。
江原鍼灸整骨院.を受診された際に、念のため、超音波エコー検査を行いましたが、問題は無く、問診や病歴などから、顎の痛みは、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントと考え施術に入りました。
咀嚼に関する筋だけでなく、頭痛を伴う酷い肩こりもあったので、首や肩の活性化したトリガーポイントを中心に、触診と鍼先で丁寧に探しながら施術しました。
週一回のペースで、四回施術した時点で、顎の痛みや酷い肩こりが良くなったので、略治とした症例です。
噛み合わせが原因と言われた痛みに、トリガーポイント療法・筋膜リーリース療法で、良くなった訳ですから、痛みの本態は、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントだったと言える症例です。
何より、噛み合わせを治すより、はるかに時間的、経済的な負担が少なくて済みます。

 

その他の施術例⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report

 

赤いマークを中心に施術

 

9856

 

★下の動画は、エコーガイド下鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:その他の痛み

ebara / 2017年10月30日(月) 07:43

二十代女性のAさんは、職場のストレスが多く、絶えず肩から首にかけて力が抜けず、寝ているときの歯ぎしりも強いそうです。
最近では、常時右顎に痛みがあり、受診した歯科医院で、顎関節症による痛みなのではと、大学の口腔外科を紹介されたそうです。
インターネットで検索する間に、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントと言う痛みがあることを知り、江原鍼灸整骨院.を受診されました。
念のため、超音波エコー検査を行いましたが、問題は無く、問診などから、ストレスと関係が深い、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントでは無いかと考え施術に入りました。
咀嚼筋、首や肩の首や肩の活性化したトリガーポイントだけでなく、副交感神経の活動を優位にする為の鍼も同時に行いました。
二カ月の間に六回の施術で、顎の痛みや肩こりは、気にならないくらいに良化しました。
また、顔の鍼をすることによって、肌の艶が良くなり、化粧のノリが良くなったと言う、美容効果もあったそうです。
ストレスと関係が深い、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントであること、美容効果もあった事から、Aさんの希望で、一月に一回のペースで、様子を見て行くことになった症例です。

その他の施術例⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report

 

赤いマークを中心に施術

 

25894

 

★下の動画は、エコーガイド下鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:その他の痛み

ebara / 2017年10月28日(土) 07:30

40歳代男性は、左足首を捻挫し病院を受診、レントゲン検査では、骨折は認められなかったそうですが、痛みが酷く歩けなかったので、最初の数日間は車椅子、その後は装具で足首を固定し、松葉杖を使って生活をしていたそうです。
病院では、装具を外した後は、リハビリの必要もないので通院は不要、運動も特に制限はなく、今まで通りに行ってもよいという許可が出ていたそうです。
今回、マラソン大会の出場にあたって練習を再開すると、捻挫した痕が痛み出し、まともに練習できないと言うお話でした。
超音波エコーで患部を観察すると、骨の稜線が不明瞭になっている部分がありましたが、同部位に圧痛はなく、陳旧性のものと判断しました。
外果周囲の(外くるぶし)靭帯部や、装具で足首を固めていたために、硬くなってしまっていた前脛骨筋や腓骨筋に、施術を加えたところ、二回の施術で痛みなく、練習が再開できるまでに良化したので、略治とした症例です。

 

kataoka

 

超音波エコーでは、ケガをした部分に骨の不整列(陳旧性)の痕が診てとれました。 

 

kataoka

 

 

 

カテゴリ:その他の痛み

ebara / 2017年02月15日(水) 08:50

40代男性のAさんは、何の前触れもなく胸の痛みを感じるようになり、病院で、血液、心電図、レントゲン、CTなど検査をしたけれど、原因不明と言われていました。
初診時、第3、4肋軟骨の胸骨付着部にジャンプサインを呈していましたが、最終的に、背部に施術を加えたところ、寛解となった症例です。
背部深部の治療は、解剖学的知識、熟練した鍼の操作ができないと、気胸を生じさせる可能性があります。
当院では、超音波エコーを使い、安全を担保しながら、いままで治療することが難しかった部位への、施術を行っています。

 

 takagi

 

動画が短くて見辛いかもしれませんが、、第6肋骨の高さで最長筋の上から、超音波エコーで観察した様子です。
身長180センチ 体重100キロ超。
約3.5センチ下で、チラチラ動いているのが胸膜です。

 

 

身長145センチ 体重42キロ。
約2センチ下で、チラチラ動いているのが胸膜です。

 

注:診断は医師にしかできませんので、上記記事は判断となります。
また、すべての患者様に、超音波エコー観察を実施するわけではありません。

 

カテゴリ:その他の痛み

ebara / 2016年08月10日(水) 07:32