京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading
江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

右前腕の痺れのような痛みとトリガーポイント療法 - 症例報告

30歳代の女性の患者さん。一年に一回くらいの頻度で来院されます。

いつもは腰ですが、今回は、右前腕の痺れと痛みが混在するような感じと言う訴えでした。念のために、深部反射や皮膚触覚、筋力検査をしましたが全てにおいて正常でしたので、MPSとして治療開始です。MPSの発生原因をこの時点で考えても仕方がないように思います。

私の場合、A筋、B筋、C筋が悪いと考えると、ためしにその筋肉に刺鍼をしてみます。感作があれば、該当筋肉をすべて刺鍼することが多いです。もちろん、患者さんが鍼刺激が好きなのか?嫌いなのか?を最優先に考慮しながら刺激量は考えます。

この患者さんの場合は、仕事や家事、子供を抱え頻繁に通院できませんから、広範囲に治療するほうが早いと考えました。

訴える症状→動診→罹患筋の推測→触診 簡単に書けばこんな感じで行います。トリガーポイントの関連痛パターンはあまり参考にしません。

斜角筋、棘下筋、小胸筋、頭頚板状筋、肩甲挙筋、僧房筋(特に上部)、菱形筋、前腕伸筋群

上記の筋肉に鍼治療、筋肉が緩んだところで、筋線維を割くように深部に指を入れる感じで、マッサージ的な手技を加えて様子を見てもらいました。

一週間後、二回目の治療に来られたときは随分マシになったけれど、少しまだ症状が残るということでしたので、前回より筋肉を絞り込んで、1寸3分1番の鍼で単刺。

経過が悪ければ都合の良いときに来てくださいと言ってから、昨日で二週間経ちましたので、経過は悪くないと思われます。急性期の場合は、治療法に拘らずさっさと痛みを除痛するに限ります。

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
 円町、大将軍、白梅町、等持院、花園、西ノ京、太秦、鳴滝、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

メールでのお問い合わせ⇒メールフォーム

カテゴリ:症例報告 ,手・腕の痛み

ebara / 2011年04月17日(日) 00:17