京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

トリガーポイント鍼≠トリガーポイント注射 - 治療室日記

トリガーポイント鍼とトリガーポイント注射は同じようなものですか?

と言う質問を患者さんから聞かれる事がありますので、私なりに書いてみたいと思います。

トリガーポイントの考え方も研究者によって微妙に違いますので、あくまで私見として捉えて下さい。

トリガーポイント鍼は、簡単に言えば活性化したトリガーポイントを見つけ出し、鍼をして不活性化させます。

あくまで、ターゲットはトリガーポイントです。

 

trigger

 

注射の場合、圧痛点に行う局所麻酔の注射をトリガーポイント注射と呼ぶようですから、トリガーポイントをターゲットにしなくても良い訳です。
言いかえれば、トリガーポイント注射をする医師に、トリガーポイントやMPSの概念がなく、全く関係の無い場所に注射をしても、その注射自体がトリガーポイント注射と言う事になります。
痛みは、もちろんトリガーポイントだけで語れませんが、トリガーポイント療法の延長線上に、トリガーポイント注射を選択される場合は、医師にトリガーポイントやMPSの概念があるか?無いか?
ここが、重要なポイントになりそうです。
トリガーポイント鍼、トリガーポイント注射、双方に長所がありますから、医師や施術者と相談しながら、うまく組み合わせればよいと思います。

私が考える、トリガーポイント鍼の長所

薬を使わないので、薬の副作用の心配がない。(授乳中の腱鞘炎など)
鍼が注射針よりも細い、また長い鍼があるので、殿部、腰部の深い筋肉の治療が可能。
薬液を入れ麻痺させないので、トリガーポイントに当たったかどうかが分かる。
筋骨接合部のトリガーポイントができやすいところを治療することができる。
(鍼先が傷みにくい、注射鍼はすぐに傷む)

私が考える、トリガーポイント注射の長所

健康保険が効くので、経済的な負担が少ない。
鍼に比べて、一回の治療時間が短く済む。

カテゴリ:鍼灸

ebara / 2011年05月21日(土) 07:49