京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading
江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

腱鞘炎とトリガーポイント療法 - 症例報告

いわゆる手首の腱鞘炎の症例です。腱鞘炎は長拇指外転筋腱、短拇指伸筋腱の炎症と考えられています。痛みが起こっている部分を原因と考えるか?それとも、他の場所に原因があり、その部分が炎症を起こした。つまり結果と考えるのか?

わかりやすく書くと、膝をかばっている間に腰が痛くなる→腰を治療すると楽になるが、すぐに元に戻る。このような場合は、膝の治療が必要になってきます。しかし、実際はそんな単純なものではなく、隣り合わせた筋肉どうしだけでなく、身体じゅう膜で繋がっていますから、遠く離れたところが、痛みを訴える場所に大きくかかわっていても不思議ではありません。

そこに、痛みを認知する脳と言う部分が加われば、さらに複雑です。ある部位を治療して良くなった=そこが原因だったとも言い切れないことにもなります。あくまで、そこを操作してリセットしたと言うほうが適切かもしれません。

先述した病態で、手術を勧められていた患者さん。長拇指外転筋腱、短拇指伸筋腱、その筋骨接合部を治療しましたが、痛みは随分楽になって仕事にも復帰できたのですが、今一つすっきりしません。結論から言うと、腕橈骨筋の起始部の治療でうまく行きました。

運動連鎖と言う意味では、腕橈骨筋を候補にあげることは、そう難しくありません。ただし、患者さんが訴える場所以外を治療すると言うことは、私が何故そう推測したかを理解してもらう必要があります。

この方の場合を例にあげれば、手首の痛みに対して、肘のうえ辺りに鍼をすることになります。すべての患者さんが、理解してくださる訳ではありませんし、医科が扱う保険診療では、制度上の問題もでてきますから、全身を診た方がよくても、患部のみを診ると言う形にならざる負えないと思います。

 

トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.は、上記のような痛みや症状以外にも、筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)、筋痛症の患者様が多数来院される治療院です。

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
 円町、大将軍、白梅町、等持院、花園、西ノ京、太秦、鳴滝、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

メールでのお問い合わせ⇒メールフォーム

 

カテゴリ:症例報告 ,手・腕の痛み

ebara / 2012年10月04日(木) 17:01