京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

京都円町で、超音波エコーを使ったすべり症の施術例 - 症例報告

50歳代女性のAさんは、若い頃から腰痛に悩まされていたそうです。
病院では、すべり症が腰痛の原因と診断され、痛みが強くなると、その都度ブロック注射や整体などで凌いでいたそうです。
しかし、去年の梅雨ころから、坐骨神経痛のような右脚の痛みとシビレが強くなりだし、今まで効いていた注射などでは、どうにもならなくなったそうです。
かかりつけの医院から、大きな病院を紹介され受診すると、すべり症、脊柱管狭窄症から来る症状なので、脊柱の固定術しか、良くなる方法は無いと言われたそうです。
手術する気にはなれず、片道3時間以上かけて、当院にお見えになりました。
Aさんの症状は、問診や触診の結果から、当院の施術の適応と考え、施術を開始しました。
週1回のペースで7回、腰・臀部・特に大腿後面の内転筋付着部を中心に、施術を行なった結果、脚の痛みやシビレが劇的に良化したので、略治とした症例です。

その他の坐骨神経痛の治療例です。⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/spinal-canal-stenosis

 

55

 

下の動画は、今回の症例とは関係ありませんが、エコーガイド下筋膜リリース鍼の様子です。
★全ての患者様に、エコーガイド下筋膜リリース鍼を行うわけではありません。

 

 注:診断は医師にしかできませんので、上記記事は判断となります。
また、すべての患者様に、超音波エコー観察を実施するわけではありません。

 

カテゴリ:坐骨神経痛 脊柱管狭窄症

ebara / 2016年08月02日(火) 07:57