京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

七十代男性のAさんは、健康のためにウォーキングをするようになり、半年が過ぎたあたりから、歩くと右脚が痛くなりだし、休むと回復すると言う状態になったそうです。
徐々に、歩ける距離が短くなり、最終的に100メートル歩くと痛くなるようになったそうです。
若いころから、薬を飲むのに抵抗があり、医者嫌いだったそうですが、我慢も限界になり、近くの整形外科を受診したところ、脊柱管狭窄症の診断を受け、投薬とリハビリを受けるも良くならず。
地元の大きな病院も受診したそうですが、同じように脊柱管狭窄症と診断され、年を取ってからよりも、体力がある今のうちに、手術をしたほうが良いと言われたそうです。
心配した娘さんが、インターネットで検索し、娘さんに付き添われ、隣県から、当院を受診されました。
初診時の検査や問診、超音波エコー検査を丁寧に行い、病院でも、除外診断が済んでいたことから、危険な疾患で無いと判断しって施術に入りました。
右臀部や右大腿を中心に、触診と鍼先で丁寧に探しながら、施術を行ったところ、二回目の施術後から、歩ける距離が長くなりました。
最終的に、右の梨状筋を施術した結果、六回の施術終了時点で、元のように、痛みなくウォーキングが出来るまでに回復した症例です。

 

その他の脊柱管狭窄症の治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/spinal-canal-stenosis

 

 赤いマークを中心に施術

 

213654 

 

★下の動画は、超音波エコーガイド下鍼の動画です。
今回の症例とは関係ありませんが、超音波エコーガイド下鍼なら、危険な部位でも安全を担保しながら鍼施術が行えます。
ただし、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

カテゴリ:坐骨神経痛 脊柱管狭窄症

ebara / 2018年02月07日(水) 08:12

六十代女性のAさんは、一年くらい前から、歩くと左脚が痛くなりだし、休むと回復すると言う状態になり、自転車では、どこまでも行けるので、騙し騙し生活をしていたそうです。
心配した家族から、病院へ行くように強く勧められ受診すると、MRI検査等から、脊柱管狭窄症の診断を受け、手術したほうが良いと言われたそうです。
恐くなって、インターネットで検索し、当院を受診されました。
初診来院時の検査や問診、超音波エコー検査を丁寧に行い、病院で、除外診断が済んでいることから、Aさんが訴える痛みは、危険な疾患でないと判断し、施術に入りました。
左臀部や左下腿を中心に、触診と鍼先で丁寧に探しながら、施術を行ったところ、初回の施術後から、歩行時の痛みが軽減している事を実感し、最終的に、左の小殿筋を施術した結果、五回の施術終了時点で、痛みなく歩けるまでに回復した症例です。 

 

その他の坐骨神経痛の治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/spinal-canal-stenosis

 

 赤いマークを中心に施術

 

32145 

 

★下の動画は、超音波エコーガイド下鍼の動画です。
今回の症例とは関係ありませんが、超音波エコーガイド下鍼なら、危険な部位でも安全を担保しながら鍼施術が行えます。
ただし、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

 

カテゴリ:坐骨神経痛 脊柱管狭窄症

ebara / 2018年01月30日(火) 07:11

医療関係に従事する四十代女性のAさんは、二年くらい前から、右の太ももの裏に痛みを覚えるようになったそうです。
MRI検査をしても、レントゲン、血液検査をしても、何も異常は見つからず、症状から考え、坐骨神経痛だろうと言われ、色々な治療を試みたそうですが、好転しなかったそうです。
徐々に、右の脚の痛みが強くなり、元居た現場を離れ、仕事の配置転換を願い出るまでに悪化していったそうです。
それでも、これ以上痛みが強くなって、離職しなければいけないのではないか?
不安と恐怖が強くなり、気分も滅入る一方だったそうです。
そんな時、テレビを見ていると筋膜の特集があり、自分の痛みも筋膜と関係あるのではないかと思い、インターネットで検索され、当院を受診されました。
このように、医療従事者でも、ありふれた、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントと言う痛みがあることを知らない方が多く、適切な治療を受けられずに困っている方が、沢山いる可能性があります。
Aさんの場合、初診時の検査や問診、超音波エコー検査を丁寧に行い、病院で、除外診断が済んでいることから、危険な疾患では無いと判断し施術に入りました。
右臀部を中心に、触診と鍼先で丁寧に探しながら、施術を行ったところ、二回目の施術後から、痛みが軽減しはじめ、最終的に、右小殿筋を施術した結果、五回の施術終了時点で、痛み気にすることなく、仕事が出来るまでに回復した症例です。

 

その他のza坐骨神経痛の治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/spinal-canal-stenosis

 

 赤いマークを中心に施術

 

741236

 

★下の動画は、超音波エコーガイド下鍼の動画です。
今回の症例とは関係ありませんが、超音波エコーガイド下鍼なら、危険な部位でも安全を担保しながら鍼施術が行えます。
ただし、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

カテゴリ:坐骨神経痛 脊柱管狭窄症

ebara / 2017年12月26日(火) 08:18

市民ランナーの三十代男性のAさんは、一年前に、マラソン大会に備え、練習を重ねていたところ、左の太ももの裏に痛みを感じるようになったそうです。
症状は、徐々に悪化し、とてもマラソンが出来る状態ではなく、病院を受診したところ、MRI検査の結果から、ヘルニアではないが、何らかの原因で坐骨神経痛が圧迫されたために起こった、坐骨神経痛だとろうと言われたそうです。
注射や薬、リハビリに通うも、痛みは少しマシになった程度。
走るとすぐに痛みが出て、とてもフルマラソンどころでは無かったそうです。
数か月前までは、マラソンを諦めていたそうですが、完走した時の他には代えられない達成感を味わいたいと思い、知り合いの方の紹介で、当院を受診されました。
初診来院時の検査や問診、超音波エコー検査を丁寧に行い、病院で、除外診断が済んでいることから、Aさんの訴える痛みは、危険な疾患ではないと判断し施術に入りました。
左臀部や左大腿を中心に、触診と鍼先で丁寧に探しながら、施術を行ったところ、初回の施術後から著効し、最終的に、左大腿方形筋を施術した結果、三回の施術終了時点で、左大腿裏の痛みなく、マラソンの練習が出来るまでに回復した症例です。

 

その他の椎坐骨神経痛の治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/spinal-canal-stenosis

 

 赤いマークを中心に施術

 

13569

 

★下の動画は、超音波エコーガイド下鍼の動画です。
今回の症例とは関係ありませんが、超音波エコーガイド下鍼なら、危険な部位でも安全を担保しながら鍼施術が行えます。
ただし、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

 

カテゴリ:坐骨神経痛 脊柱管狭窄症

ebara / 2017年12月25日(月) 15:07

七十代男性のAさんは、健康のために半年ほど前から、毎日一時間程度歩くようになってから、右脚になんとなく違和感が出はじめ、そのうちに、歩いていると痛みが強くなり、休むと楽になると言う繰り返しになったそうです。
暫く様子を見ても良くならなかった為に、病院を受診すると、検査の結果から、脊柱管狭窄症と言う診断。
痛みは、神経が押さえつけられているのが原因であり、リハビリをして、症状が変わらなければ、早めに手術を考えた方が良いと言われたそうです。
症状に変化は無く、手術をする気にもなれず、知人に相談したところ、当院を紹介され受診されました。
腰部、臀部深部、下肢を丁寧に施術した結果、六回の施術で、痛みなく歩く事や、生活に支障がなくなった症例です。

その他の脊柱管狭窄症の治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/spinal-canal-stenosis

 

 赤いマークを中心に施術

546

 

★下の動画は、エコーガイド下での臀部深部へのトリガーポイント鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

カテゴリ:坐骨神経痛 脊柱管狭窄症

ebara / 2017年09月07日(木) 07:55

60代男性のAさんは、一日中立っている仕事で、若いころからの腰痛持ちだったそうです。
半年くらい前から、少し歩くと脚が痛くなり、少し休むと楽になる、その繰り返しで徐々に症状が悪化していったそうです。
病院では、MRI、レントゲン検査などから、脊柱管狭窄症の診断。
整体では、骨盤の歪みから来る、坐骨神経痛と言われたそうです。
当院の事を、家族がインターネットで検索をしてくれ、受診を勧めてくれたそうです。
週1~2回のペースで一月半程施術したところ、脚の痛みだけでなく、元々の腰痛も随分と楽になり、人生が変わったようだと言う感想をいただいた症例です。

その他の脊柱管狭窄症の治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/spinal-canal-stenosis

 

赤いマークを中心に施術

487

 

 

★下の動画は、エコーガイド下での背部へのトリガーポイント鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

 

カテゴリ:坐骨神経痛 脊柱管狭窄症

ebara / 2017年09月02日(土) 07:11

50歳代女性のAさんは、2年ほど前から、腰から脚が痛くなり(坐骨神経痛様の痛み)、複数の病院で脊柱管狭窄症の診断を受け、手術を勧められていましたが、周りに同じような手術を受け、余計に悪くなっている人を見ており、手術が恐くて出来なかったそうです。
しかし、今年の夏頃から、坐骨神経痛様の痛が酷くなり、キッチンに立って料理することもできなくなり、インターネットで、当院を見つけ、ご家族に車に乗せてもらい、他府県から来院されました。
Aさんは、エコーガイド下鍼を希望されたので、モニターを見ながら、白い筋膜に鍼が当たると、ズーンと言う得気を得て、脚まで痛み(坐骨神経痛様の痛み)が、放散する事を確認してもらいました。
初回の治療で、キッチンにたてるまでに良化、約2月間に5回の治療で、日常生活が問題なく出来るまでに良化したので、略治とした症例です。

その他の坐骨神経痛の治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/spinal-canal-stenosis

 

maizuru

 

★下の動画は、エコーガイド下での脊柱起立筋へのトリガーポイント鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

カテゴリ:坐骨神経痛 脊柱管狭窄症

ebara / 2016年11月07日(月) 08:18

二十代男性のAさんは、数年前に椎間板ヘルニアの手術を二回されています。
術後は、暫くは良かったそうですが、今回、右臀部から脚の痛みとシビレで、100メートル連続して歩くことも出来ず、座業の仕事も休職中。
病院では、今回の痛みやシビレは、脊柱管狭窄症によるもので、背椎固定術を勧められていました。
インターネットで、当院の存在を知り、遠方から時間をかけて通院してくださいました。
初診時、痛みで腰が全くと言っていいほど伸びず、エビのように体が曲がっていましてが、週一回のペースで四回の通院で、仕事にも復帰できるようになり、寛解と呼べる状態にまで良化しました。

 

★下の図のように、赤いマークの腰を中心とした体幹、臀部などのトリガーポイントを治療しました。
青い部分は。ヘルニアの手術痕です。 

 

789456

 

★下の動画は、エコーガイド下での臀部深部へのトリガーポイント鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

カテゴリ:坐骨神経痛 脊柱管狭窄症

ebara / 2016年10月21日(金) 08:03

50歳代女性のAさんは、若い頃から腰痛に悩まされていたそうです。
病院では、すべり症が腰痛の原因と診断され、痛みが強くなると、その都度ブロック注射や整体などで凌いでいたそうです。
しかし、去年の梅雨ころから、坐骨神経痛のような右脚の痛みとシビレが強くなりだし、今まで効いていた注射などでは、どうにもならなくなったそうです。
かかりつけの医院から、大きな病院を紹介され受診すると、すべり症、脊柱管狭窄症から来る症状なので、脊柱の固定術しか、良くなる方法は無いと言われたそうです。
手術する気にはなれず、片道3時間以上かけて、当院にお見えになりました。
Aさんの症状は、問診や触診の結果から、当院の施術の適応と考え、施術を開始しました。
週1回のペースで7回、腰・臀部・特に大腿後面の内転筋付着部を中心に、施術を行なった結果、脚の痛みやシビレが劇的に良化したので、略治とした症例です。

その他の坐骨神経痛の治療例です。⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/spinal-canal-stenosis

 

55

 

下の動画は、今回の症例とは関係ありませんが、エコーガイド下筋膜リリース鍼の様子です。
★全ての患者様に、エコーガイド下筋膜リリース鍼を行うわけではありません。

 

 注:診断は医師にしかできませんので、上記記事は判断となります。
また、すべての患者様に、超音波エコー観察を実施するわけではありません。

 

カテゴリ:坐骨神経痛 脊柱管狭窄症

ebara / 2016年08月02日(火) 07:57

80代男性のAさんは、今年の正月三が日にソファーに小一時間座りながらテレビを見た次の日から、右臀部から大腿、下腿にかけて痛みが出だしたそうです。
近医の整形外科や、大学病院では、MRI検査などの結果から脊柱管狭窄症の診断を受け、ブロック注射と投薬、リハビリを行っていたそうですが、一向に良くなる兆しもなく歩ける距離も日に日に短くなり、整骨院、鍼灸院、整体etc 良いと聞けば、家族に付き添われ、遠くまで治療に行っていたそうです。
家族がインターネットで検索し、四月上旬に当院に来院されました。
最終的には、下の図のように、腰部、小・中殿筋、外旋筋、ハムストリング、腓骨筋を40日間に6回の施術を行いました。
その後、来院されなかったので、経過が分かりませんでしたが、数日前にAさんから電話があり、6回目の治療翌日から、痛みが全くなくなり、痛くなる前より調子が良いと言う、嬉しい報告を受けました。

 

その他の脊柱管狭窄症の治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/spinal-canal-stenosis

 

koba

 

カテゴリ:坐骨神経痛 脊柱管狭窄症

ebara / 2016年07月01日(金) 08:12