京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

急性炎症が、徒手治療でよくなる? - 症例報告

あるスポーツ競技をしている学生さんが、インターネットで検索され来院してくださいました。
腰を痛め整形外科を受診。
伸展、回旋は問題ない。
前に屈めると痛い。
ズボン、靴下を履くのが辛い。
医師はレントゲン検査異常なし、診断は急性期の腰の炎症。
腰の筋肉の炎症だから、血流をよくしなさいと指導してくれたそうです。
そこで、整形外科の帰り道に、私の院に来て下さりました。もらった薬を見せてくださいましたが、ロキソニンの後発薬(ジェネリック)と胃薬でした。

トリガーポイント療法で治療をしたら、すぐに楽になりました。
患者さんが訴える痛みの原因が、急性期の炎症ならば、徒手療法でよくなるのでしょうか?

t02200275_0220027512980052375
 

 

 

カテゴリ:症例報告 ,腰の痛み

ebara / 2012年12月17日(月) 18:16