京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading
江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

京都円町で、超音波エコーを使った足首の捻挫の施術例 - 症例報告

40歳代男性は、左足首を捻挫し病院を受診、レントゲン検査では、骨折は認められなかったそうですが、痛みが酷く歩けなかったので、最初の数日間は車椅子、その後は装具で足首を固定し、松葉杖を使って生活をしていたそうです。
病院では、装具を外した後は、リハビリの必要もないので通院は不要、運動も特に制限はなく、今まで通りに行ってもよいという許可が出ていたそうです。
今回、マラソン大会の出場にあたって練習を再開すると、捻挫した痕が痛み出し、まともに練習できないと言うお話でした。
超音波エコーで患部を観察すると、骨の稜線が不明瞭になっている部分がありましたが、同部位に圧痛はなく、陳旧性のものと判断しました。
外果周囲の(外くるぶし)靭帯部や、装具で足首を固めていたために、硬くなってしまっていた前脛骨筋や腓骨筋に、トリガーポイント療法・筋膜リリース専門院を加えたところ、二回の施術で痛みなく、練習が再開できるまでに良化したので、略治とした症例です。

 

kataoka

 

超音波エコーでは、ケガをした部分に骨の不整列(陳旧性)の痕が診てとれました。 

 

kataoka

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、北野白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

 

カテゴリ:その他の痛み

ebara / 2017年02月15日(水) 08:50