京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

京都市円町で、脊柱管狭窄症の症例(2) - 症例報告

七十代男性のAさんは、健康のために半年ほど前から、毎日一時間程度歩くようになってから、右脚になんとなく違和感が出はじめ、そのうちに、歩いていると痛みが強くなり、休むと楽になると言う繰り返しになったそうです。
暫く様子を見ても良くならなかった為に、病院を受診すると、検査の結果から、脊柱管狭窄症と言う診断。
痛みは、神経が押さえつけられているのが原因であり、リハビリをして、症状が変わらなければ、早めに手術を考えた方が良いと言われたそうです。
症状に変化は無く、手術をする気にもなれず、知人に相談したところ、当院を紹介され受診されました。
腰部、臀部深部、下肢を丁寧に施術した結果、六回の施術で、痛みなく歩く事や、生活に支障がなくなった症例です。

その他の脊柱管狭窄症の治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/spinal-canal-stenosis

 

 赤いマークを中心に施術

546

 

★下の動画は、エコーガイド下での臀部深部へのトリガーポイント鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

カテゴリ:坐骨神経痛 脊柱管狭窄症

ebara / 2017年09月07日(木) 07:55