京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

京都市円町・白梅町|腰痛の症例(4) - 症例報告

四十代女性のAさんは、九年前にぎっくり腰を起こしてから、常に腰に鉛が張り付いたように痛く、無理をすると、またあの酷い腰痛に襲われるのではないかと、一人で外出が出来なくなるなど、動作恐怖を覚え、引きこもりのような状態になっていたそうです。
整形外科、接骨院、マッサージ、整体、鍼灸、色々試したそうですが、その時は少しは良くなるそうですが、すぐに元に戻るそうです。
腰痛の事をインターネットで検索すると、トリガーポイントと言う言葉を見かけるようになり、もう一度だけ、頑張ってみようと思い、当院に、ご家族と一緒に来院されました。
初診時、除外診断が済んでいる事や、整形外科テスト、超音波エコー検査に問題は無く、Aさんの腰痛は、痛みへの不安恐怖と関係が深い痛みと判断し、施術に入りました。
腰・臀部を中心、触診と鍼先で丁寧に探しながら施術し、最終的に右の腰方形筋を施術しました。
他府県から、ご家族に連れてきてもらうため、二週間に一回程度の頻度の施術でしたので、簡単な認知行動療法を宿題に出し、それを日常生活で行ってもらいました。
三回目の施術後から、痛みが半減している事を実感し、七回の施術が終了時点で、一人で来院できるまでに回復、寛解と呼べる状態にまでなった症例です。

 

その他の施術例⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/waist

 

赤いマークを中心に施術

 

1478456

 

★下の動画は、超音波エコーガイド下鍼の動画です。
今回の症例とは関係ありませんが、超音波エコーガイド下鍼なら、危険な部位でも安全を担保しながら鍼施術が行えます。
ただし、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:腰の痛み

ebara / 2017年12月27日(水) 07:39