京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

京都市円町・白梅町|坐骨神経痛の症例(2) - 症例報告

医療関係に従事する四十代女性のAさんは、二年くらい前から、右の太ももの裏に痛みを覚えるようになったそうです。
MRI検査をしても、レントゲン、血液検査をしても、何も異常は見つからず、症状から考え、坐骨神経痛だろうと言われ、色々な治療を試みたそうですが、好転しなかったそうです。
徐々に、右の脚の痛みが強くなり、元居た現場を離れ、仕事の配置転換を願い出るまでに悪化していったそうです。
それでも、これ以上痛みが強くなって、離職しなければいけないのではないか?
不安と恐怖が強くなり、気分も滅入る一方だったそうです。
そんな時、テレビを見ていると筋膜の特集があり、自分の痛みも筋膜と関係あるのではないかと思い、インターネットで検索され、当院を受診されました。
このように、医療従事者でも、ありふれた、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントと言う痛みがあることを知らない方が多く、適切な治療を受けられずに困っている方が、沢山いる可能性があります。
Aさんの場合、初診時の検査や問診、超音波エコー検査を丁寧に行い、病院で、除外診断が済んでいることから、危険な疾患では無いと判断し施術に入りました。
右臀部を中心に、触診と鍼先で丁寧に探しながら、施術を行ったところ、二回目の施術後から、痛みが軽減しはじめ、最終的に、右小殿筋を施術した結果、五回の施術終了時点で、痛み気にすることなく、仕事が出来るまでに回復した症例です。

 

その他のza坐骨神経痛の治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/spinal-canal-stenosis

 

 赤いマークを中心に施術

 

741236

 

★下の動画は、超音波エコーガイド下鍼の動画です。
今回の症例とは関係ありませんが、超音波エコーガイド下鍼なら、危険な部位でも安全を担保しながら鍼施術が行えます。
ただし、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

カテゴリ:坐骨神経痛 脊柱管狭窄症

ebara / 2017年12月26日(火) 08:18