京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

京都市円町・白梅町|天気痛の症例(1) - 症例報告

三十代女性のAさんは、天気痛と言う痛みで悩まされていました。

天気痛とは⇒https://zutool.jp/column/basic/

主に痛みは頭痛やめまい、全身の痛みとして現れ、処方された向精神薬を飲んでも、痛みをうまくコントロールする事ができず、日常生活に大きな支障が出ていました。
当院へは、ギックリ腰で来院されたご家族が、当院の施術で劇的に良くなったのを見て、自分の天気痛にも効果があるのではと感じて、受診されました。
問診では、継続的に医師の基で薬も処方されていることや、筋膜性疼痛症候群(MPS)以外に、除外しておく必要がある疾患は見当たりませんでした。
エコー検査では、僧帽筋上部の動きが悪くなっていることを、モニターを使って、Aさんに確認してもらいました。
一度目の施術翌日から、気圧が大きく変動したにも関わらず、頭痛やめまいも起こらず、二回目の施術時点でも、頭痛やいつも感じていた全身の痛みが軽くなったと、大変喜んでおられました。
施術は、顔面、肩背部のトリガーポイントを中心に行いました。
Aさんの場合、訴える痛みに効果的な薬が無く、痛みをコントロールする方法が無かったようですが、当院での施術をうまく使えば、生活の質が大きく上がると考えられる症例でした。

 

1247

 

 

Aさんが訴える痛みは、天気痛とも言えるでしょうし、下図のような痛みとも解釈できます。

 

b0052170_23424217

 

★下の動画は、超音波エコーガイド下鍼の動画です。
今回の症例とは関係ありませんが、超音波エコーガイド下鍼なら、危険な部位でも安全を担保しながら鍼施術が行えます。
ただし、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

カテゴリ:その他の痛み

ebara / 2018年06月27日(水) 12:10