京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading
江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

胸郭出口症候群とトリガーポイント療法 - 症例報告

ある競技で全国大会に出場が決定している高校生です。
主訴は、肩関節前側の違和感と、競技を継続すると腕がだるくなり握力が無くなると言うものです。
病院の検査では、MRI画像の結果から胸郭出口症候群と診断されています。胸郭付近で、血管や神経が押さえつけられているから、と考えるようです。ヘルニアがあればそれが原因といわれるのでしょうか?
全国大会に出場するレベルですから、トレーナーやスポーツ整形との連携も充実しているようですが、指定された医療機関以外に行く事は禁止されているそうです。毎晩の帰宅も、夜10時~になるそうで、今回は学校に内緒で来院してくれました。トレーナの指導内容を聞かせてもらう機会も多いのですが、トレーニング方法は、痛くなるのは弱いから→丈夫で頑丈な筋肉を身につけると痛みが起こらない。このように考えメニューが作られているように思えて仕方ありません。もちろん、パフォーマンスを上げるためのトレーニングは必要でしょうが、私は痛みを取るトレーニングなど存在しないと考えますので、こう言うやり方に違和感を感じます。
普段、競技をしている体の使い方から、二つに分けて考え治療をしました。後日メールで、治療後は痛みやだるさもなく、運動が出来ていると報告がありました。

この状態がいつまで続くかわかりませんが、それまでのやり方で全く効果があがらないのですから、筋筋膜性疼痛症候群(MPS)、トリガーポイントと言う考えを軸にすればよいと思います。

京都で、胸郭出口症候群の痛みやシビレでお困りの方に、トリガーポイント療法がお役に立てるかもしれません。

 

トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.は、上記のような痛みや症状以外にも、筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)、筋痛症の患者様が多数来院される治療院です。

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
 円町、大将軍、白梅町、等持院、花園、西ノ京、太秦、鳴滝、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

メールでのお問い合わせ⇒メールフォーム

 

カテゴリ:症例報告 ,その他の痛み

ebara / 2013年01月17日(木) 13:20