京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

治療室日記 (2009年12月)

痛みに関する話題を綴った日記です。

2009年12月27日(日)
2009年12月24日(木)
2009年12月16日(水)
2009年12月01日(火)

昨日、いつも大変お世話になっている広島のS先生と合流して、今日あったセミナーに前のりする為に出かけており、今しがた帰宅しました。

S先生とは、8年位前に一度セミナーでお会いしただけなのですが、凄い勉強家でアドバイスしてくださる内容が的を得ていて、いつも自分の未熟さにドキっとしてしまいす。

今回生まれて初めてカプセルホテルなる物に宿泊しました。

サウナもついていて、周りの雑音も気にならず、結構快適に過ごせました。

セミナーの内容は、すぐに身につくものでもなく、コツコツと課題を消化するべく精進するしかないですね。

カテゴリ:セミナー・勉強会

ebara / 2009年12月27日(日) 21:36

東洋医学関連の本を出し、自身の医院で東洋医学と西洋医学を統合しながら、線維筋痛症に積極的に鍼灸治療を取り入れる医師もいれば、鍼灸は効かないと言う医師

では、何故効かないと思う鍼灸を自分の医院で提供するのでしょうか?

不思議ですね。

鍼灸と言えば多くの人が痛いと言うイメージを抱くのでは無いでしょうか?

実際、痛みを伴う手技もありますが、多くは我慢を強いるようなものでは無いです。

前述した医師のブログを見ると、線維筋痛症の患者さんには、1ミリから2ミリと言う深さの低侵襲で痛みの無い治療をされているようですし、TP鍼を実践されている大学の先生でも、関連痛を必ずしも必要としない、鍼は出来るだけ細く少なくで実践されている先生もおられます。

ただ、経験が大きく物を言う治療だけに、技術のバラつきが凄くあるのも現実です。

寄金先生の言葉をお借りすると、一軒のラーメン屋だけですべてのラーメンを語れないのと同じで、鍼灸院の数だけ鍼灸のやり方があると言う事です。

現在の制度では、医師は卒後研修が義務化されていますので、色々な研修を通して経験値があがります。

その制度が、僻地の医師不足に拍車をかけていると言われていますが。。。

一方、鍼灸師だけでなく、柔整師、カイロプラクターなどは、卒後研修する義務がありませんから、スキルに大きな差が出てしまうのではないかと思います。

スキルの低いものが多くなると当然社会的な信用がなくなります。

そう言う意味では、我々の業界も一人一人がもっとプロ意識を持たなくては行けないのですが。。。

私も昔は、アメリカでカイロプラクティックの医師免許を持った先生のセミナーに出続けましたが、そこで研修していた方は、患者さんを触る事は出来ず、先生の治療を真近で見る、暇な時に先生相手にアジャストに至るまでの練習の繰り返しと仰っていました。

それはそれで一流の技を真近で見れるのですが、自分自身の技術が頭打ちしてしまいます。

治す支えると言う観点で治療をしていると経験を積んでいない者に患者さんを触らす訳にはいかないと思います。

治療家は患者さんに育てられるようなものですから、患者さんを触らないと成長しない。

患者さんは未熟な者には触られたくないのは当然。

結果、いつまでたっても経験値があがらない。

鍼灸も健康保険が使えない訳ではないのですが、医師の同意書が必要な上に、保険で鍼灸の治療中は同一疾患で医師の治療が受けられない。

健康保険の種類では、鍼灸治療を認めてくれない。

治療を提供する側としては、一回の治療が低く抑えられているので極め細やかなサービスが提供できないと言うところでしょうか?

鍼治療一回の治療費が千円と少しだったと思います。

鍼の本数が多いTP鍼を希望されても、下手をすれば治療費の半分が使い捨ての鍼代にかかってしまいます。

(私は鍼の保険を扱っていませんので、間違った記載があるかもしれませんが、予めご容赦下さい。)

カテゴリ:鍼灸

ebara / 2009年12月24日(木) 19:36

チーズはどこへ消えた?

と同じで、変化を恐れるな!って当たり前の事ですが、実行するのは難しいですが、1時間もあれば読めてしまう本なので、読んで損は無いと思います。

2冊とも貸し出し本に追加しておきます。

今日もブログを見てくださった方々の体の痛みや不調が、一日でも早く回復しますように心よりお祈りいたします。

カテゴリ:読書

ebara / 2009年12月16日(水) 13:10

伊藤和憲先生が書かれた、はじめてのトリガーポイント鍼治療と言う本が今日届きました。

まだ読んでいませんが、このボリュームで3990円はお買い得だと思います。

カテゴリ:読書

ebara / 2009年12月05日(土) 20:42

なんでもない風船ですが、治療の技術を磨くにはもってこいのアイテムです。

でも、ダイソーで売っていたいた風船は小さく、あまり役に立ちませんでした。

ついでに買ったジェット風船が、子供のおもちゃと化して家の中を飛び回っています。

同時に風船に反応するキャンディーの泣き声。

近所迷惑になりそうなので、治療所でトレーニングします。

カテゴリ:セミナー・勉強会

ebara / 2009年12月01日(火) 22:51