京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

患者さんの中には、シコリ(筋硬結)が無くならないと、痛みから解放されないと言うような、強迫観念に近い思考に支配されている方もおられます。

 

b128

 

確かに、シコリ(筋硬結)は、治療のランドマークの一つではありますが、トリガーポイントの治療の目的は、シコリ(筋硬結)を無くす事ではありません。
シコリ(筋硬結)の多くは、長年かかって出来た物が多く、柔らかくなっても、無くならない物が殆どです。
シコリ(筋硬結)は、シワや白髪と同じような物と考え、恐がる必要は無いのです。
トリガーポイントも、活性化しなければ良いのです。
トリガーポイントを火山に例えると、桜島のように頻繁に爆発したら困りますが、同じ火山でも、富士山のように、休火山でいてくれればいいのです。

 

img_0

 

体のケアや運動、休養を取り入れ、富士山のようにドッシリと構えましょう。

 

25

 

 

トリガーポイント鍼灸・手技療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:治療室こぼれ話

ebara / 2015年08月06日(木) 20:35

科学新聞社から、カイロジャーナルが送られてきました。
その中に、治療技術で悩む前の義務、なぜ検査が必要なのか?と言うコラムがありました。
手技は違えど、コラムの中には、私がいつも臨床で大事にしている事が、書かれていました。
コラムに書かれている記事の検査は、動的触診のことを指しています。
我々鍼灸で言えば、証を立てたり、機能の評価と言う言葉に置き換えられるかもしれません。
我々のような職業は、患者さんが来てくれてナンボ!です。
一回でも多く、いつまでも通院していただければ、院の利益になることは間違いありません。
いくら凄い技術を持っていても、患者さんが来てくれないと潰れてしまいます。
ただし、我々の仕事は、患者さんを居つかせることが目的ではありません。
自分の治療の適応外と判断したら、速やかに他科の受診を勧めるのは当然です。
効かない治療を続けることは、何のメリットもありません。
その為には、治療を開始する前に全体像の把握、患部の的確な観察が必要です。
更に付け加えれば、禁忌症の可能性があるかどうかまで観察し、臨床を展開しているかどうかは、もっと重要な事だと思います。
そうすることで、下の画像にあるように治療がスムーズに行え、結果が早くでることになるのです。
治療技術で悩み、セミナーばかり出ていても、このような部分が出来ていないと、患者さんとの信頼関係が築けるはずはありません。
そこに気づくと、抱えている悩みが解決し、臨床家として一皮も二皮も剥ける事ができるかもしれません。
つくづく、臨床の現場は地味な事の繰り返しであり、派手なことなどする必要はないのだと思います。

 

001 

  

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:治療室こぼれ話

ebara / 2015年07月07日(火) 13:25

腱鞘炎に悩むママさんから、質問のメールをいただきました。

Q.初めまして、二人の子供の母親です。二人目の子供を産んで、暫くしてから、右手首の痛みに悩まされています。
病院では、腱鞘炎と診断されていますが、何分、授乳中ですので薬を飲むのにも抵抗があり、一向に良くならない痛みに、気分もかなり落ち込んでいます。
一度、治療を受けたいと思うのですが、3歳と半年の子供を見てくれる者がいないので、治療してもらうにしても、連れていくしかありません。
子連れで、先生のところに、治療に伺ってもご迷惑になりませんか?
また、キッズルームなどのスペースなどがありますでしょうか?

 

A. 当院には、キッズルームはございませんが、カーテンでセパレートされた、治療用のベッドとベッドのスペースを比較的広めにとっております。
ベビーカーをそのまま、ベッドの横にお連れいただくことが可能です。
また、小さいお子様には、ベッドの横に椅子をご用意させていただきますので、ご自分のお子様の目が届く中で、安心して治療を受けていただくことが可能です。
子連れの患者様であるからと言って、迷惑になることはありませんので、安心してお越しください。

 

IMG_1389

 

トリガーポイント鍼灸・手技療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

 

カテゴリ:治療室こぼれ話

ebara / 2015年03月09日(月) 08:18

長引く痛みでお悩みの方にお話を聞くと、色々な治療を試みたが効果が無いと言う方がたくさんおられます。
では、それ以外に何か自分でできる事をしましたか?とお尋ねしても、大半の方は返事に困られます。
前者は、医師や治療家に任せっぱなしとも言えます。
動くことによって、取れる痛みもありますし、筋肉に負荷をかけて動かすことで成長ホルモンや、痛みや鬱と関係が深い神経伝達物質も増加すると言われています。
体の使い方に偏りがある為に、痛みを持続させている場合もありますから、動かせば、一概に痛みが取れるということではないですが、動かさなければ動かなることだけは、事実としてわかっているそうです。
しかし、体を動かしましょうと言っても、なかなか行動に移すのは簡単ではありませんから、まずは、活性化したトリガーポイント、筋膜性疼痛症候群(MPS)の治療をしっかり行ってみましょう。
それだけで、解決する場合も少なくありません。
江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸専門院ですから、筋膜性疼痛症候群(MPS)や長引く痛みでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

トゥース!

74125

 

 ・痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント鍼灸療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。) 円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日 ・電話 075-463-8639 ・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:治療室こぼれ話

ebara / 2015年02月20日(金) 08:53

妊婦さんの中には、腰などの痛みを訴える方が多いかもしれません。私も、いままで何人もの妊婦の方に、トリガーポイント療法を行ってまいりました。お電話などで妊婦さんから、治療を受けることは出来ますか?と言う質問をいただくことがあります。よくある質問の中にも、下記と同じ内容を書いていますので、参考にしてください。

http://www.ebara-acupuncture.com/faq

妊婦さんでも治療をすることはできます。特に初産の方は流産したらどうしようと心配されますが、今まで一人も流産した方はいらっしゃいません。どうしても、不安な方は安定期に入ってからご来院下さい。
ここからは、個人的な意見になりますが、治療は 安全を期して細心の注意を払って行いますが、自然の摂理で流産する場合もあるかもしれません。治療をしたから流産したと思われると私としても、辛く悲しいです し、ご本人も治療してもらわなければ良かったと、一生後悔されるかもしれません。ですから、すごく不安がある方は、来院されることは辞めたほうが良いと思います。

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
 円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面
   からでもすぐです。
・診療時間 9:00~12:00 / 16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:治療室こぼれ話

ebara / 2014年09月11日(木) 15:05