京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

トリガーポイント・エクササイズに新しいメニューを加えるために、ゆるめてリセット ロルフィング教室をアマゾンで購入しました。

エンドレス・ウェブの中にもロルフィングの考え方は出てきます。

読み終わり次第、院の貸出本に追加します。

身体はユニット、テンセグリティと言うような考え方を抜きにしては語れませんね。

ブログ「脳‐身体‐心」の治療室の記事より。

http://mchiro.exblog.jp/8045355

歪みのニューモデル

http://mchiro.exblog.jp/10676644

B.フラーとT.ヤンセンに膜系連鎖を学ぶ

カテゴリ:読書

ebara / 2011年03月23日(水) 09:13

前回は事前に最確認を怠ったので、痛い目に合いましたが、今日は、今年度最後のトリがーポイント研究会セミナーです。

前回に引き続き、座骨神経痛に対する刺鍼です。

次回は五月ですので少しゆっくりできそうです。

いつものセミナー会場

休日の大阪市内はガラガラ

大阪城

カテゴリ:セミナー・勉強会

ebara / 2011年03月20日(日) 09:53

加茂先生のブログ記事に、中枢性感作、末梢性感作の事が図入りでUPされていましたので、私も備忘録としてUPしておきたいと思います。

http://junk2004.exblog.jp/15061959/

慢性痛という病的な痛み

難しい用語が並んでいますが、要は痛みは放置する間に、痛みを伝える神経が歪んで通常起こり得ないような刺激にでも反応して、新たな痛みを引き起こしてしまう。

そして、脊髄や脳の中枢で痛みが起こりやすいソフトが出来あがってしまう。

また、抹消が過敏になり痛みの悪循環が出来上がる。

こんなところでしょうか?

ですから、慢性化させないためには、痛みの初期消火が重要になる訳です。

ただ、痛みを診るものが、旧態以前の考え方で痛みを訴える方に接している訳ですから、痛みを抱える人がどんどん増え続けている訳です。

また、診てもらう方も画像診断してもらわないと納得しないetc

上記の事柄が複雑に絡み、日本の痛み医療は欧米から20年以上遅れていると言う状態を作り出しているようにも思えます。

カテゴリ:痛み痺れ

ebara / 2011年03月19日(土) 08:29

科学新聞社より送られてきたCHIRO-JOURNALに、トリガーポイントの発生機序について書かれた記事がありましたので、備忘録としてUPしておきたいとおもいます。

カテゴリ:痛み痺れ

ebara / 2011年03月13日(日) 10:47

先日、ロルフィングを学ぶために買ったボディーワク入門に、筋膜の構造について分かりやすく記載されていますので、参考までにUPします。

P32~33

画像をクリックして拡大していただくと、詳しく見ることが出来るはずです。

カテゴリ:読書

ebara / 2011年03月11日(金) 00:12

トリガーポイント・エクササイズは、トリガーポイント研究所の佐藤恒士先生が考案されたものです。

私はそれをベースに、色々な物の良いところを取りこんで、自分なりに再構築していこうと考えています。

まずは、ロルフィングで、生徒さん同士がペアで行えるものを勉強してみたいと思います。

そこで、取り寄せた本がボディーワーク入門です。

読み終わり次第、院の貸し出し本に追加します。

カテゴリ:読書

ebara / 2011年03月10日(木) 08:58

隣県からわざわざエクササイズに参加してくださった、男性の生徒Bさんからエクササイズの感想のメールをいただきました。

転載許可をいただきましたのでUPします。

先生本日は丁寧なご指導ありがとうございました。

実はエクササイズが終了してから 、どうしても30分ほど立ち続けなければいけない所用があり、

また痛くなるのではないかと不安がありましたが、今までになく体が楽でした。

また是非参加させていただきたいですし、先生の鍼灸治療も受けさせていただきたいと思います。

本当にありがとうございました。

エクササイズは、循環を改善するだけでなく、身体を動かすことで自分の身体に自信を持ってもらう。

同じ悩みを持つ者が集まる事で、情報交換や、ともに良くしていきましょうと言う気分の高揚が起こります。

気分の高揚は痛みを遠避けてくれます。

それが良循環となり、痛みに立ち向かう姿勢が出来上がります。

私は、治療、エクササイズ、痛みが楽になるセミナーを通じて、痛みや不定愁訴でお困りの方のお手伝いが出来たらと思っています。

名倉堂さんでも、トリガーポイント・エクササイズが受けられますので、京都市西京区桂方面の方は直接名倉堂さんにお問い合わせください。

カテゴリ:セミナー・勉強会

ebara / 2011年03月09日(水) 07:57

昨日のエクササイズを体験された、男性のAさんから感想をいただきました。

許可を得ましたので掲載させていただきます。

江原先生

本日は本当にありがとうございました。

〇〇の〇〇です。

本日は盛りだくさんの内容で本当に濃い時間をありがとうございました。

独りで色々「勉強」していたつもりでしたが何人もの人たちと先生とで一緒に実際に体を動かすことで家でああかな?

こうかな?

とやってる時間よりもずっと短い時間で大きな効果を得られるものだな、と驚きました。

また、痛みが個人の経験であるのと同様、ストレッチやエクササイズによって得る気持ち良さも個人の経験なのですね。

普段、痛みは詳細に見つめて、「ああ、またここが痛む」とあれこれ思いますが、エクササイズから得る身体的感覚には思いのほか無頓着だったことに気付きました。

「ここがこう痛い」ということより「ここがこう気持ちいい」と気付こうとするほうがよっぽど生産的で重要なことのように思いました。

ストレッチ一つでも、どこまでが気持ち良くてどこからか痛いかは自分が感じるものですもんね。

今日は「どの程度やったらいいですか?」などと聞いてしまいましたが、それも、色々自分で試して程度や時間を見つけるといいんですよね。

目安はあるかもしれませんが、正解はないですもんね。

「この姿勢を30秒」などという唯一の方法なんて存在しないですよね。

ちょっと失敗して痛いからって、何も死んでしまうわけじゃないですもんね。

一度、先生に体に筋肉を触れていただいて、有効な感覚を得た後、セルフエクササイズでその感覚を再現できるように練習する。

という方法は非常に実践的で勉強になりました。

本を見て、自分で「こうかな」って押さえて「イタタタタ」ってやっていても、本当にその筋肉を押さえられているとは限らないですもんね。

特にお腹なんか何となく自己流で触るのって何となく怖いですし。

このお手本→自習。は、まるでお習字を習っているようで、とっても有効でいい方法だと思いました。

色んなメソッドのイイトコ取りのエクササイズも本当に良かったです。

ヨガ、PNF、ストレッチ、トリガーポイント、フェルデンクライス、ゆる体操、など

たくさんの身体法の要素を感じました。

と、今、書いていて気付きましたが、私の場合、次々とお医者さんを変えていく迷子ではなく

次々とたくさんのエクササイズを試す迷子になってしまってたんですね。

効いているかどうか確信が持てなくて、あれこれやってしまってたんですね。

独りでやっていて「お手本」に触れたことがなかったことが原因だと今、書いていて気付きました。

泥水を当てもなくかき混ぜて、ますます物事が見えなくなっていたんですね。

さらに、私が今まで今日、先生のような専門家の指導を仰ぐに至れなかったのは、今日のような参加しやすい条件で機会を提供している方が、先生の他にはなかなかいらっしゃらないということもあるかと思います。

これは先生の熱意がなせる教室で、巡り会えたことを本当にありがたく思っています。

最後には「どこ痛いねん、鍼打とか?」とまで言ってくださり、実際、打ってくださって。

本当に嬉しかったです。そして、その効果も刺した瞬間から実感しました。

カテゴリ:セミナー・勉強会

ebara / 2011年03月07日(月) 08:42

痛みが楽になるセミナーの感想を、遠方からお越し下さったBさんからいただきました。

ブログへの掲載の許可をいただきましたのでUPします。

今回のセミナーを受けて変わったことは、1つの治療法に囚われることなく、色々なものを取り入れながら

「自分に合ったものを見つけたい」と思えるようになりました。

江原先生の柔軟な考え方を取り入れながら治したいと思います。

その手始めとして、今回セミナーで紹介された「フェルデンクライス」

をストレッチに加えてやってみます。

痛みセミナーは、気持ちを切り替える上で、とてもプラスになりました。

また、江原先生が辛い痛みを克服された経験をお持ちのことも

患者には大きな励みになると思います。

お世話になりました。ありがとうございました。

慢性痛は決まり手がありませんから、色々試してみると良いと思います。

その為には、痛みの学習は不可欠です。

カテゴリ:セミナー・勉強会

ebara / 2011年03月06日(日) 11:42

今まで女性の生徒さんばかりでしたが、今日のトリガーポイントエクササイズに、お二人の男性の生徒さんが、別々にネットを見て、初めて隣県から参加してくださりました。

今月から75分構成でエクササイズを行っていましたが、遠方からの参加なので、連続してエクササイズの参加も難しいと考えると、あれもこれも身に付けていただこうと力が入ってしまい、ついつい時間が長くなってしまい予定を45分あまりオーバー。

その後、予定を入れておられたかもしれませんので、逆にご迷惑をおかけしたかもしれません。

時間の使い方を再度考え直す必要がありますね。

治療で先生と言われても、なかなか患者さんは言うことを聞いてくれませんが、エクササイズの先生の時は、みなさん素直に言う通り、私の言葉通り動いてくださるので、指導者側の気分も高揚します。

指揮者や野球の監督を一度やると辞められなくなると言いますが、その気持ちって、なんとなくわかるような気もします。(^_^)

カテゴリ:セミナー・勉強会

ebara / 2011年03月05日(土) 17:50