京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

治療室日記 (2014年10月)

痛みに関する話題を綴った日記です。

笑うと、免疫力が上がることを知っている方もおられるかもしれません。
笑うだけでなく、泣いたり、怒ったり、感情を解放させることも重要です。
リウマチ患者に、単に、その日あった出来事を日記を書かせるグループと、腹立たしかった出来事を書かせる(感情を解放)グループに分けた場合、明らかに感情を解放させたグループのほうが、リウマチの発作が起こる回数や、痛みの軽減効果が認められたという実験結果もあるそうです。
感情の解放は、痛みにも効果があるかもしれません。
とは言え、感情を第三者にぶつけてばかりいられませんから、たまには、思いっきり一人で泣いてみるのも良いかもしれませんよ。頑張りすぎずに、肩の力を抜いてみましょうね。

 

カテゴリ:医療情報

ebara / 2014年10月24日(金) 08:42

最近、男性の更年期と言う言葉をよく耳にするようになりました。
症状は、自律神経失調症、不定愁訴と似ています。
どうやら、体を動かすことで、体の回復に必要なホルモンが分泌されるようです。
長引く痛みや、なんとなく身体がダルイ、そんな時こそ適度に体を動かしてみてはいかがですか?
もちろん、トリガーポイント鍼も、自律神経失調症、不定愁訴の症状の改善に効果が期待できます。

男性更年期の予防方法

http://news.mynavi.jp/news/2014/10/16/154/ (より、一部抜粋)

男性更年期障害は、男性ホルモンの「テストステロン」が減少することで起こります。急激にテストステロン値が低下してしまうと、ホルモンバランスが崩れ、更年期障害になってしまうのです。テストステロン値の急激な低下をもたらす要因は、過度なストレスです。楽天的に考えたり、没頭できる趣味を持ったりするなど、ストレスを溜め込まないように工夫しましょう。また、質の良い睡眠をしっかりとることも、ストレスの解消につながります。テストステロンは、夜間眠っている間に分泌されるので、ぐっすりとよく眠ることは、更年期障害の予防に大いに役立ちます。

 

 

カテゴリ:医療情報

ebara / 2014年10月20日(月) 15:10

私は、臀部から太ももにかけて、長年強い痛みで困っていました。
椎間板ヘルニアが原因と診断され、整体やカイロプラクティックなどの治療も沢山受けました。
県外のヘルニアのレーザー手術で有名な病院で、高額な手術も受けましたが、全く痛みに変化がありませんでした。
手術をした病院では、ヘルニアは小さくなっているので手術は成功している。
痛みは、酷い股関節の変形から来ているので、今度は、股関節の手術が必要だと言われました。
仕事でお付き合いがある方が、私の身体を心配してくれ、江原先生.のことを教えてくれました。
週一回の鍼治療を開始して、すぐに激痛が無くなった訳ではありませんが、薄紙を剥がすように痛みが和らいで行き、周りの人から、以前と歩き方が違うね。
顔色が明るくなったねと言われるようになりました。
治療をはじめて半年ほどが経ちますが、変形が酷いため、どうしても出来ない動作も残っていますが、以前のような強い痛みで困ることはなくなり、元気に仕事ができるまで、回復することが出来ました。

 

 

 

カテゴリ:患者様の声

ebara / 2014年10月11日(土) 07:48