京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

症例報告 (2013年12月)

過去に治療を行った症例報告です。治療部位毎に経緯などをまとめています。左側のカテゴリ選択から治療部位を選択できます。

20代前半の女性患者のAさんは、数年前にテニスをはじめるようになってから、肘から前腕にかけて痛くなり、酷い時にはドアのノブも回せない、手首までジンジン痛くなると言う状態で、困っておられたそうです。
病院では、レントゲンで異常がなくテニス肘と診断され、肘に炎症があるので、暫くテニスは休みながら、消炎鎮痛剤と湿布の処方で経過観察。違う病院では、腱鞘炎と診断されました。
テニスを休んでも、思うように痛みが改善せず、インターネットで検索する間に、トリガーポイントと言う検索ワードに目が留まり、自分の痛みも、トリガーポイントが関係しているのではないかと思い、当院を受診されました。
鍼は痛くて恐いと言う思い込みがあったので、鍼治療は行わずに、特殊なツールを使用して治療を勧めました。テニス肘と関係が深そうな筋を治療したところ、二回の治療後には、関節の可動域や運動時の痛みが大幅に改善したので、略治とした症例です。

 

カテゴリ:手・腕の痛み

ebara / 2013年12月13日(金) 07:22

Aさん(30歳代男性)は、約二年前から、座っていると臀部、坐骨、仙骨周辺が痛くなりはじめたそうです。
整形外科では、レントゲンと血液検査で異常なし、処方されたロキソニンも効果がなく、そのうち治るだろうと放置していたら、だんだん痛みがひどくなり、寝ていても痛みで目が覚めるようになって来たので、インターネットで検索され来院されました。
動作では体を反らす(後屈)と痛みが強くなります。
除外診断が済んでいることから、筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)と判断して、治療を開始しました。
1回目のトリガーポイント鍼治療の直後に、痛みも半分以下になり、体を反らすときの痛みも半減。
二回目に同じ治療を行ったところ、ほぼ痛みがなくなったので略治としました。

 

カテゴリ:その他の痛み

ebara / 2013年12月11日(水) 08:09